一人衛生士の大変さとは?

歯科医院で働く…厳しい先輩、切磋琢磨していける同僚たちと輝かしい衛生士としての人生が待っている!と、想像していたら、ひとりぼっち。 そんな「一人衛生士」の苦労ややりがいなどについて、一人衛生士を経験した歯科衛生士がご紹介します。

2018年6月25日 更新
86 view
歯科医院で働く…厳しい先輩、切磋琢磨していける同僚たちと輝かしい衛生士としての人生が待っている!と、想像していたら、ひとりぼっち。

そんな「一人衛生士」の苦労ややりがいなどについて、一人衛生士を経験した歯科衛生士がご紹介します。

一人衛生士とは

 (529)

一人衛生士とはその名の通り、1つの歯科医院に勤める歯科衛生士がたった1人のみのことを言います。正社員、パート含めて1人きりです。

そんな医院で診療が成り立つの?と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、成り立たせるしかないのです。

現在は歯科衛生士不足で歯科診療所一軒当たりの歯科衛生士数は1.4人ですから、一人衛生士がいるのも当然なのです。

私も一人衛生士でした

私は歯科衛生士学校を卒業して、いざ就職!と入社した歯科医院が蓋を開けたら一人衛生士でした。

やっとタマゴの学生からひよこになったばかりで右も左もわからない状態なのに、相談できる先輩衛生士も、愚痴を言いあえる同僚衛生士もいなかったのです。

先生、助手さんには相談できないこともありましたし、衛生士仲間が欲しく感じたこともあります。
このように、一人衛生士は精神面でも、技術面でも手を差し伸べてくれる歯科衛生士が周りにいないのです。

現在私は、一人衛生士として働いた後、今では後輩も抱え、医院全体をまとめる主任という立場になりました。
一人衛生士は苦労の連続でしたが、今となってはその経験がキャリアに繋がり、自分の成長につながったと実感しています。

一人衛生士ってどんな感じなの?大変なの?
これから一人衛生士の歯科医院に勤めようかと考えている人など、この記事を開いていただいたあなたのためになれれば幸いです。

一人衛生士の苦労① 教えてくれる人がいない

私が1番苦労したことは、教育指導体制が整っていないことでした。

私が入社をしたのは、開院から半年という新しい歯科医院でした。
見学に行ったのは開院1ヶ月経った頃で、見学時に教育指導は院長が行うと言われており、求人募集内容には”歯科衛生士1〜2人”となっていましたので、同僚もできるだろうと甘く考えていたのです。

その言葉に安心し、いざ入社したところ、ここで初めて歯科衛生士が1人と知らされました。
いるのはオープニングスタッフの助手さん3人。
しかも助手歴は半年と、不安な要素ばかりでした。

そして最初の1週間は見学のみと言われていたのが、まさかの初日からSC、歯周組織検査などの本格的な治療
先生は「やっておいて」の一言で、助手さんは使用する器具がどこにあるのかを教えてくれるだけでした。

染め出しはするの?ポリッシングは何でするの?P検は基本検査?精密検査?何点法?
頭がいっぱいいっぱいです。まさに野放し状態。

頼れるのは、学生時代に学んだ知識と実習先での経験、あとは自らの適応能力!
郷に入れば郷に従え精神で診療の流れを掴み、次は何をするのかを先読みしていくしかありませんでした。

予防業務だけでなく、一般診療も習うより慣れろでやって覚えていくのみでした。
わからないことがあれば教科書を開いて調べる、時間があれば先生に聞くと自らが行動しないと解決せず、手軽に相談できる人がいなかったことが当時は辛かったです。

一人衛生士の苦労② 自分の代わりがいない

 (531)

一人衛生士で苦労したことといえば、自分の代わりとなる存在がいないことでした。
予防業務ができるのも自分だけで、とにかく息つく暇もありませんでした。

バキュームライティングなどのアシスタント業務は助手さんができても、印象やTec、仮封や裏層、充填など治療の中でも歯科衛生士だけが行えることがたくさんあります。

助手さんでは出来ない業務を歯科衛生士が行えれば、院長の手も空いて違う治療に当たれるのです。

私の勤める歯科医院は、いかに効率よくアポイントを回せるかを重視する方針で、とにかくアポイントをつめこむタイプでした。だから、予防業務以外の一般診療にも歯科衛生士の手が必要だったのです。

そのため、予防業務に5分、10分の余裕が出た!トイレ休憩!飲み物を飲みに行こう!なんて思っていたら院長からのお呼びの声が。
半日トイレに行けないのも当たり前、バタバタ診療室を駆け回りエアコンをつけても暑い夏の日も水分補給に行けない。

膀胱炎になったり、体調を崩したりもしました。
それでも代わりに予防業務をしてくれる歯科衛生士がいないため、休むことができないのです。

一人衛生士の苦労③ 共感できる仲間がいない

私の場合は、歯科衛生士一人に対し、歯科助手3人、歯科医師1人という環境でした。
歯科助手さんは3人で受付業務、アシストワークのことを共感しながら話をしており、アシストワークのことであれば、私も共感することができます。

しかし、歯科衛生士業務に関しては彼女たちに話をしてもイマイチ共感してもらえない、

大変さをわかってもらえないというのが現実でした。

私がアポイントに追われていても、トイレに行けなくても、水分補給に行けなくても助手さんたちは気づいてもくれない。

私はこれがとても辛かったです。
今は共感できる後輩衛生士もでき、あの時の大変さを改めて感じます。

一人衛生士の苦労④ 知識量の違い

 (530)

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こんな医院は辞めていい!職場環境チェックリスト

こんな医院は辞めていい!職場環境チェックリスト

離職率が高い歯科業界。あなたの勤める医院の職場環境は正常ですか?DH LIFEでは、あなたが転職を考えるべきかどうかを判断する「チェックリスト」をご紹介します!
marichan21 | 500 view
みんなも同じ?歯科衛生士になって苦労したこと

みんなも同じ?歯科衛生士になって苦労したこと

なにかと苦労の多い歯科衛生士。そんな歯科衛生士のなやみを現役歯科衛生士がまとめました。
yuna | 230 view
面接と違う!?騙されないために注意すること

面接と違う!?騙されないために注意すること

初めての人はもちろん、経験がある人も緊張するのが面接です。 面接を終えて、採用された後、実際働いた際に「面接の時の条件と違う」とトラブルになった経験はありませんか? トラブルまで発展せずとも、違和感を感じたことがある方は多いのではないでしょうか? 今回は、現役歯科衛生士が、体験談をもとに面接で騙されないための対処法を紹介します!
おぬまさら | 30 view
楽な職場はどんな職場? TOP5 を紹介!

楽な職場はどんな職場? TOP5 を紹介!

歯科衛生士は急患も多いし、残業が多くて仕事が大変。出産や子育てでブランクがある方の中には、「できるだけ楽な職場で働きたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。 もちろん、楽な職場を望んでいることは、悪いことではありません。 みんながみんな、歯科衛生士の仕事が純粋に好きで仕事をしているわけではありませんよね…。 そこでこの記事では、歯科衛生士が楽に働ける職場の基準や職場環境をご紹介していきます。
まみん | 141 view
簡単にスキルアップする方法とは?

簡単にスキルアップする方法とは?

スキルアップはしたいけれど、何をすればいいかわからない。時間や体力的に難しい。そもそも基礎知識に自信がないなど、歯科衛生士がスキルアップに関して抱える悩みは様々です。今回はそんなスキルアップの方法についてご紹介します。
yuna | 398 view

この記事のキュレーター

shoudao94 shoudao94