「歯並びコーディネーター」とは?

認定衛生士とは違い、歯科衛生士に限らず歯科助手も取得できる「歯並びコーディネーター」。その詳しい内容と取得方法についてご紹介します!

2018年6月21日 更新
60 view
矯正歯科やインプラント、審美、老年・・・様々な種類がある「認定歯科衛生士」。
そんな中でも、通常の認定資格とは少し異なる「歯並びコーディネーター」についてご紹介します!

歯並びコーディネーターとは

 (422)

歯並びコーディネーターとはどんな資格なのでしょうか?

歯並びコーディネーターとは、日本成人矯正歯科学会(JAAOとも略されます)が認定する歯科医療従事者に対するの専門資格です。
歯並びコーディネーターは、患者様はもちろん一般の方に歯科矯正を正しく理解していただき、また身近な良き相談相手としてアドバイスできる人材を育成するための制度です。この制度は、本学会の会員・非会員を問わず、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の方はもちろん、特に資格はなくとも意欲ある助手や受付などのスタッフ、歯科医療関係者の方も資格を取得できます。研修後、当日行われる審査に合格し認定登録されると、認定証と認定バッジが授与されます。
歯並びコーディネーターの資格としての特徴は、衛生士以外にも、医師、技工士、助手、受付スタッフなど、歯科医療関係者であれば取得できる点です。

このように、人々の身近な歯科に関する相談相手となれる人材として認定しているのです。

どうやって取得するの?

歯並びコーディネーターの資格を取得するためには、歯科治療で改善できる歯並び、歯並びの基礎などを講演で学び(約5時間)、その後、4択形式の試験を受け合格することで取得することができます。

有効期間は5年で、認定証と認定バッチをもらうことができます。

研修会・審査費に15,000円(当日の昼食代も含む)、認定登録料6,000円(JAAO学会員は免除)の合計21,000円が費用として掛かります。

歯並びコーディネーターになるメリット

歯並びコーディネーターはあまり聞かない資格の名前ですが、毎年200名程度、累計1400人が認定され、活動しています。

それほど専門的な資格ではありませんが、最短一日で取得できることもあり、資格を持っていない衛生士が始めに取得する資格としては最適なのではないでしょうか。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラントコーディネーターとは

インプラントコーディネーターとは

歯科治療としてしっかり地位を築いているインプラント治療。しかし自費治療ゆえに患者さんは「もっとしっかりじっくり相談をして治療を始めたい」「治療後も分からないことだらけなので話を聞いてほしい」…そんなお悩みに寄り添う“インプラントコーディネーター”とは?まとめてみました。
yuna | 65 view
日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

歯列矯正と聞くと小児が中心のイメージですが、最近は成人になってから矯正を検討する人も少なくありません。日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とはどのような資格なのでしょうか?気になる点をまとめてみました。
yuna | 54 view
日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

ただ痛い所を治すだけの治療よりも、より美しく治療をしてほしいという患者さんが随分増えてきました。そんな現代で重宝されるであろう“日本歯科審美学会歯科衛生認定士”。一体どのような資格なのかまとめてみました。
yuna | 63 view
インプラント専門歯科衛生士とは?

インプラント専門歯科衛生士とは?

歯科衛生士の中でも様々な専門分野があります。それぞれの分野に精通した専門歯科衛生士とはどんなものなのか。今回は“インプラント専門歯科衛生士”についてまとめてみました。
yuna | 40 view
審美学会歯科衛生認定士とは?

審美学会歯科衛生認定士とは?

日本歯科審美学会歯科衛生認定士は日本歯科審美学会が設定している資格制度の一つです。 近年、審美歯科は徐々に普及し、需要が高まっています。同時に、そういった審美治療に携わる歯科衛生士の需要も高まっているのです。 今回は歯科衛生士さんの中でも人気の高い日本歯科人美学会歯科衛生認定士の資格について詳しく紹介していきます。
きりけん | 43 view

この記事のキュレーター

DH LIFE公式 DH LIFE公式