こんな医院は辞めていい!職場環境チェックリスト

離職率が高い歯科業界。あなたの勤める医院の職場環境は正常ですか?DH LIFEでは、あなたが転職を考えるべきかどうかを判断する「チェックリスト」をご紹介します!

2018年6月25日 更新
829 view
離職率が高いと言われる歯科業界。スタッフが定着しない医院にはそれなりの理由があるのです。うちの医院はブラックなのかノーマルか?その線引きについて迫ります。

自分の医院が “普通” かどうかは分かりにくい

 (481)

一般的な歯科医院は、小規模な個人経営のスタイルが圧倒的。歯科医院はワンマン経営の院長の城なのです。一概には言えませんが、

自分の医院が普通かどうか=院長が常識的な人間かどうか

であることが多く、院長の人格で働きやすさや職場の雰囲気が決まるといっても過言ではありません。

特に経験の浅い衛生士さんは、勤務先が普通か否かその判断に迷います。アルバイトで他院で働いた経験や、3回以上の転職経験がない限り「普通」の感覚が分かりません。他院との比較が出来ず「働くってこんなに辛いんだ!」とブラックを受け入れてしまう傾向が強いのです。

しかし、もし勤務先がブラックならば、お仕事を続ける中で「あれ?うちの医院なんか変かも?」と、気づく瞬間があるはずです。その鋭い感覚こそ、普通かブラックかの正しい判断である場合もあります。自分の中の常識と医院の常識に乖離を感じた時は、一度ブラックを疑ってみても良いかもしれません。

明らかに辞めるべき場合もある

仕事に追われライフワークバランスが崩れると、様々なことに影響が出てきます。仕事でミスが増える、感情をコントロールできなくなる、頭痛やめまいなどの体の不調を感じる、何をやってもやる気が起きないなど、いわゆる鬱の症状です。

鬱にかかりやすい人は、まじめで責任感が強く、周囲に気遣いができる人だと言われています。だからこそ、皆に頼られる存在としてブラックな環境でも頑張りすぎてしまうのかもしれません。

「休んだら皆に迷惑がかかる」そう思う気持ちもわかりますが、最近体調が優れない、心が不安定だと感じたら思い切って「仕事を休む勇気」を持ちましょう。自分の健康以上に大切なものは無いはずです

3個あてはまったら転職すべき?チェックリスト

 (483)

あなたの医院は大丈夫?3個以上で黄色信号?
今の職場に不満がある方、今すぐにチェックしてみましょう!

患者さんへの誠意を感じない
医療人として失格です。患者さんがお金に見えているとしか思えません。

日常的にパワハラを感じる
怒鳴る、嫌味は当たり前。物を投げつける、なかには蹴りつけるドクターもいるようです。こんな医院早く辞めましょう。

衛生管理が不安
きちんとした滅菌消毒は感染から自分の身を守るためにも重要です。滅菌消毒に無頓着な医院は感染が怖くて長期的に働けません。

給料の振り込みが遅れがち
あくまでも推測ですが、お給料の支払いが遅れるのは医院の経営が悪化しているのでは?突然の倒産も考えられます。

求人票と内容が異なる
残業代未払い、ボーナス出ない、昇給なし、休日はセミナー参加で代休なし。面接の時と話が違う!という場合は少なくありません。(勘違いかもしれないので、一度雇用契約書を確認することをおすすめします!)

拘束時間が長すぎる
労働時間は8時間でも、2時間のお昼休憩と残業時間を加算すると12時間以上も拘束されるケースも少なくないはず。狭い空間で苦手な院長と過ごす時間は苦痛でしかありません。

セクハラを受けた
下ネタを言う、触ってくる、やたらと2人きりになりたがる。

お局様の存在
歯科医院は閉鎖的な女の園。逐一行動をチェックし細かなミスも許さない、若い新人に嫉妬する先輩の存在も大きな障害です。


いかがですか?当てはまるものが3個未満でも、その状況は深刻かもしれません。
友人や同僚に相談の上、転職を考えるべきかしっかりと考えましょう。
また、退職しなくても、ネットなどで他院の様子や求人情報を検索してみることで、現在の状況を客観視するきっかけにもなりますよ!

たくさん当てはまる場合でも、辞めないほうが良い時もある?

 (482)

①人間関係が良好なのは、貴重なこと
離職の理由No.1は人間関係であると言われています。これは、歯科衛生士のお仕事に限らず全ての職種に言えることです。

あなたの職場はどうですか?院長の人柄がイマイチでも、スタッフ同士仲が良い職場は大いにあります。お互い助け合いながら気持ちよくお仕事が出来ているのでは?また、スタッフ同士尊敬し、高め合う環境なのであれば自然とお仕事のスキルも伸びます。

転職した場合、お給料や勤務時間などの待遇面は選択できますが、一緒に働く仲間は選べません。現在の職場で良い仲間に恵まれているのなら、転職を踏みとどまっても良いのではないでしょうか。


②やりがいを感じられる職場はとどまるべきかも
歯科衛生士さんのお仕事は歯周病治療を中心とした予防ケア。患者さんを健康に導き、笑顔にする仕事です。患者さんからパワーをもらい、やりがいを感じられることも多いはずです。

あなたが思いやりを持って一生懸命に治療に取り組む姿は、患者さんに十分に伝わっているはず。なかには馴染みの患者さんもいて、信頼関係が出来ているケースもあるのではないでしょうか。

患者さんとのコミュニケーションが楽しい、スキルが上達する、そのような環境ならば辞める必要性はないのでは?やりがいを感じる環境なら、少しくらい不満があっても乗り越えられるはずです!


③妊活中の方は要チェック!
もしも、現在妊活中である、またはその計画がある方は辞めるタイミングを考え直した方が良いかもしれません。なぜなら、健康保険の加入期間で妊娠出産の補助の対象になる場合があるからです。

具体的に言うと、1年以上継続して同じ雇用主の医院に勤務している場合は産休育休制度を取得できるほか、出産手当金の対象となります。(社会保険加入に限ります)出産手当金とは産休中の生活をサポートする給付金のことです。金額にしてお給料の日額の約2/3が給付されます。

さらに、育児休業を取得した場合は育児休業給付金の対象となります。育児休業給付金は育児休業期間の生活をサポートしてくれる給付金のことです。お子さんが1歳になるまで(場合によっては1歳6か月まで)休業中の生活サポートを受けられるほか、産休育休時の保険料の免除も得られます。

産休育休時の働けない期間に給付を得られるのは大きなメリットです。もしも、お子さんの予定があるなら、辞めるタイミングを見直してみてはいかがでしょうか。

おわりに

どんなにブラックな医院でも、その経験は決して無駄ではありません。一度ブラックを経験したからこそ、見える視野が広がったはず。その広い視野で次こそは素敵な職場を見つけて下さい!
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

退職のベストな伝え方と、伝える際に気を付けること

退職のベストな伝え方と、伝える際に気を付けること

歯科衛生士として最も緊張する瞬間の一つでもある、「院長に退職を伝える瞬間」。今回は、その退職のベストな伝え方と、気を付けるべきことについてまとめました。
DH LIFE公式 | 623 view
面接と違う!?騙されないために注意すること

面接と違う!?騙されないために注意すること

初めての人はもちろん、経験がある人も緊張するのが面接です。 面接を終えて、採用された後、実際働いた際に「面接の時の条件と違う」とトラブルになった経験はありませんか? トラブルまで発展せずとも、違和感を感じたことがある方は多いのではないでしょうか? 今回は、現役歯科衛生士が、体験談をもとに面接で騙されないための対処法を紹介します!
おぬまさら | 99 view
常勤・非常勤はどちらがおすすめ?ポイント別に紹介!

常勤・非常勤はどちらがおすすめ?ポイント別に紹介!

働くなら常勤?非常勤? 女性の歯科衛生士ならだれでも一度は考えたことがあるのではないのでしょうか。女性は人生のライフイベントがたくさんあるため、その分悩んでしまいますよね。 それでは、現役歯科衛生士が考える常勤と非常勤の違い、メリットデメリットをまとめましたのでご紹介します。
nana | 190 view
今、歯科衛生士が足りない?

今、歯科衛生士が足りない?

転職の多い職業として知られる歯科衛生士。今回は、歯科衛生士の転職を取り巻く状況と、現在転職は難しいのか、簡単なのか、についてご紹介したいと思います。
DH LIFE公式 | 127 view
医療法人の医院とは?個人の医院と何が違う?

医療法人の医院とは?個人の医院と何が違う?

求人票を眺めているとよく目にするのが「医療法人社団○○会」という法人名がついたクリニックです。これらの法人のクリニックは、個人経営の医院と何が違うのでしょうか? 働く従業員にとってどんな違いがあるのかについて、まとめました。
きりけん | 118 view

この記事のキュレーター

marichan21 marichan21