最も多い不採用の理由とは?面接で失敗しないコツ

歯科衛生士ならだれもが経験する「面接」。自分がどこで働くかを決める大事な面接で失敗しないよう、気を付けるべきポイントをまとめました。

2018年6月13日 更新
277 view
歯科衛生士は、求人募集も多く、比較的に転職や就職しやすい業種だといえます。

しかし、求人募集先が多いといっても、採用される確率が上がるわけではありません。

多くの医院側が求めている人材には共通点があります。短い面接時間の中で、自分が希望する医院に採用される為にも、採用されるにはどうすればいいのか?不採用の理由は何なのか?についてまとめました。

歯科衛生士の面接で落ちる理由

 (207)

①前職場の退職理由を聞かれた際に、その医院やスタッフの悪口をいう。

人間関係での退職理由は多いでしょう。しかし、医院やスタッフの悪口を言う事は絶対にいけません。採用して退職されたら同じ事をされると思われるからです。

また歯科医院は女性が多い職場でもあるので、悪口が多い面が見えると医院の雰囲気を乱す可能性があると判断されかねません。

②履歴書の自己PR欄の空白が多い。やる気や向上心が見受けられない。

面接側が歯科衛生士の履歴書で見るのは、主に職歴と自己PR欄です。

たとえ、その衛生士に経験が少なくても、やる気や向上心のある、未来に期待できる 歯科衛生士を採用したいと思うからです。
ですので、採用された後に歯科衛生士とし て目指す目標や学びたい事などは、聞かれた時に答えられるように、まとめておくよ うにしましょう。

また面接担当者からの質問に対する返答の少なさは、減点対象となりやすいので、 気をつけましょう。そして、必ず「何か質問はありますか?」と聞かれると思います。 医院に関してや、歯科衛生士業務に関してや、求人内容で気になった事など、こちら からの質問はいくつか準備しておくといいでしょう。

③残業やセミナー・勉強会への参加はしたくない。など、希望が多すぎる。

ある程度の要望や希望を面接で伝えることは必要ですが、スキルアップに関しての取り組みに消極的であると採用されにくいでしょう。

また、歯科医院は治療の内容によっては延長してしまうことは多々あります。残業に 関してある程度の柔軟さを持つことも必要です。

④履歴書の字が雑である。面接時の服装や約束時間、マナーに問題がある。

履歴書は医院側が初めて見る、面接者の人柄を基準とする資料です。 写真の貼付は、枠内にしっかり納め、字は上手い・下手という事ではなく、いかに 丁寧に書かれているか?ということがポイントとなります

面接に行った際のスタッフへの応対(挨拶など)、来る時間や服装など、自分でも気づ かない点を色々とチェックされています。医院の敷地内に入ったら、気を引き締めて向かいましょう。

面接マナーや敬語は大切

面接までの過程では、顔や人柄を知ることが出来ません。ですので、電話での応対がとても重要になってきます。面接希望の申し込みを電話でする場合は特に気をつけましょう。

電話をかける際には、医院側に迷惑にならない時間を考慮しましょう。診療時間内ではなく、お昼休みの時間が妥当でしょう。また、声のトーンや話すスピードなどで、相手側が受けとる印象は大きく変わるものです。話す内容を紙に書いておくと、慌てず話せます。相手から聞き返される事のないように、静かな場所から電話をかけ、はっきりハキハキと話すようにしましょう。

面接時間も医院は忙しい時間を割いて行っています。医院から指定された面接日は、極力断らないようにしましょう。

面接当日は、あまり早く行き過ぎると、医院側が準備ができておらず、迷惑をかけることも考えられますので、指定された時間の5分前に就くようしましょう。
また服装は、基本的にはスーツの方が印象が良いでしょう。その際に履く靴も、流行りのヒールは避けましょう。また、歯科医院は医療機関ですので、髪型が長い場合は、必ず結ぶようにしましょう。髪の毛のカラーは、医院によっては気にされない所もありますが、一般的に明るい色は印象が良くありません。

面接中は姿勢を正し、面接担当者の目を見てハキハキ話し、笑顔も忘れないようにしましょう。緊張していて上手く対応が出来なくても、一生懸命な姿は面接担当者には伝わります。

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【必見】その答え方はNGかも?面接でよくある質問と回答例 後編

【必見】その答え方はNGかも?面接でよくある質問と回答例 後編

転職の際にある面接ですが、質問の答え方によっては結果に左右されることがあります。 ありのままに正直に答えることも大事なことですが、伝え方によっては面接担当者の印象がずいぶんと変わります。 今回は、そんな面接のコツをお伝えします。
ピッコロニー | 179 view
【必見】その答え方はNGかも?面接でよくある質問と回答例 前編

【必見】その答え方はNGかも?面接でよくある質問と回答例 前編

転職する際に必ず経験する「面接」。その面接で一番多い質問について、歯科医院での人事採用をしていた衛生士がベストな解答例とよくない解答例を紹介します!
ピッコロニー | 134 view
面接と違う!?騙されないために注意すること

面接と違う!?騙されないために注意すること

初めての人はもちろん、経験がある人も緊張するのが面接です。 面接を終えて、採用された後、実際働いた際に「面接の時の条件と違う」とトラブルになった経験はありませんか? トラブルまで発展せずとも、違和感を感じたことがある方は多いのではないでしょうか? 今回は、現役歯科衛生士が、体験談をもとに面接で騙されないための対処法を紹介します!
おぬまさら | 103 view
常勤・非常勤はどちらがおすすめ?ポイント別に紹介!

常勤・非常勤はどちらがおすすめ?ポイント別に紹介!

働くなら常勤?非常勤? 女性の歯科衛生士ならだれでも一度は考えたことがあるのではないのでしょうか。女性は人生のライフイベントがたくさんあるため、その分悩んでしまいますよね。 それでは、現役歯科衛生士が考える常勤と非常勤の違い、メリットデメリットをまとめましたのでご紹介します。
nana | 210 view
今、歯科衛生士が足りない?

今、歯科衛生士が足りない?

転職の多い職業として知られる歯科衛生士。今回は、歯科衛生士の転職を取り巻く状況と、現在転職は難しいのか、簡単なのか、についてご紹介したいと思います。
DH LIFE公式 | 132 view

この記事のキュレーター

ピッコロニー ピッコロニー