【必見】その答え方はNGかも?面接でよくある質問と回答例 後編

転職の際にある面接ですが、質問の答え方によっては結果に左右されることがあります。 ありのままに正直に答えることも大事なことですが、伝え方によっては面接担当者の印象がずいぶんと変わります。 今回は、そんな面接のコツをお伝えします。

2018年7月3日 更新
134 view
転職の際にある面接ですが、質問の答え方によっては結果に左右されることがあります。

ありのままに正直に答えることも大事なことですが、伝え方によっては面接担当者の印象がずいぶんと変わります。今回は、質問の内容に対しての正しい答え方に関してお話していきます。

よくある質問① 「前職場では、どのような歯科衛生士業務をされていましたか?」

質問の意図は、あなたがどこまでの業務を実践してきたのか、出来るのか?の確認です。歯科衛生士は、働く医院の環境によって、業務内容に差が出る職業です。経験年数が長い=スキルがある と単純には考えにくい部分があります。それは、医院側も理解していると思いますので、正直に答えましょう。

「前職の業務内容 」気を付けて! NG解答例

 (699)

避けたほうがいい回答例としては、その業務内容のみを答える言い方です。
例えば

「アシスタント業務が多かったです。SCやTBIも一通りしていました」

ありのままを答えているので、問題がないように思えますが、具体的内容が伝わりません。
医院側は、どこまでの業務を経験しているのかを知りたいので、自分が自信を持って実践してきた業務内容は、具体的に詳しく伝えるようにしましょう。

「前職の業務内容 」印象◎ 良い解答例

 (700)

正しい回答例としては、自信をもって出来ることは、アピールも兼ねて伝える言い方です。

「アシスタント業務では、Drのペースを乱さないように、治療がスムーズに進むような目線でアシスタントを心がけていました。また、患者さんへの気配りも心掛けました。
予防に関しては、TBI・SC・SRPの基本治療は一通り担当させてもらいました。患者さんとのコミュニケーションの取り方も自分なりに勉強し、信頼関係の構築も努力しました。」


といったように、業務に関してどういうスタンスで実践していたのか?も、付け加えると印象がよくなるでしょう。

また、あまり業務の経験がない場合は、

「歯周病に関しての業務は、あまり経験する機会がありませんでした。ですので、スキルに関しては、ずいぶんと低いかと思います。ですので、貴院でスキルアップも含め、これから勉強させていただきたいと思っております」

といったように、出来ていないことをプラスに変えていけるような伝え方をすると、向上心があるという印象に受けてもらえるでしょう。

よくある質問② 「働く上で大切にしていることは何ですか?」

質問の意図としては、歯科衛生士として何に重点を置いて仕事をしているのか?を知りたいという点と、どういう歯科衛生士を目指しながら仕事をしているのか?という点です。

毎日沢山の患者さんと接する歯科衛生士の業務は、年齢も老若男女を問いません。
プロの医療人として、スキル、思いやり、コミュニケーションなど、色々な面で能力が必要となります。あなたが、何を意識して働いているのかを1度じっくり考えてみましょう。

「働くうえで大切なこと」絶対にダメ! NG解答例

 (701)

避けたほうがいい回答例としては、「沈黙が多く、答えがでてこない」ことです。
この質問に対して、言葉に詰まるのことが一番いけません。というのは、言葉が出てこない=何も考えずにただ仕事をしている。と受け取られやすいからです。

医院側は、仕事を要領よく出来る歯科衛生士よりも、目標や意識が高い歯科衛生士を採用したいと思っています。あなたの、視点や考え方を聞くことで、医院にふさわしいスタッフかどうかを判断します。

「働くうえで大切なこと」印象◎ 良い解答例

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【必見】その答え方はNGかも?面接でよくある質問と回答例 前編

【必見】その答え方はNGかも?面接でよくある質問と回答例 前編

転職する際に必ず経験する「面接」。その面接で一番多い質問について、歯科医院での人事採用をしていた衛生士がベストな解答例とよくない解答例を紹介します!
ピッコロニー | 109 view
最も多い不採用の理由とは?面接で失敗しないコツ

最も多い不採用の理由とは?面接で失敗しないコツ

歯科衛生士ならだれもが経験する「面接」。自分がどこで働くかを決める大事な面接で失敗しないよう、気を付けるべきポイントをまとめました。
ピッコロニー | 241 view
面接と違う!?騙されないために注意すること

面接と違う!?騙されないために注意すること

初めての人はもちろん、経験がある人も緊張するのが面接です。 面接を終えて、採用された後、実際働いた際に「面接の時の条件と違う」とトラブルになった経験はありませんか? トラブルまで発展せずとも、違和感を感じたことがある方は多いのではないでしょうか? 今回は、現役歯科衛生士が、体験談をもとに面接で騙されないための対処法を紹介します!
おぬまさら | 71 view
常勤・非常勤はどちらがおすすめ?ポイント別に紹介!

常勤・非常勤はどちらがおすすめ?ポイント別に紹介!

働くなら常勤?非常勤? 女性の歯科衛生士ならだれでも一度は考えたことがあるのではないのでしょうか。女性は人生のライフイベントがたくさんあるため、その分悩んでしまいますよね。 それでは、現役歯科衛生士が考える常勤と非常勤の違い、メリットデメリットをまとめましたのでご紹介します。
nana | 119 view
今、歯科衛生士が足りない?

今、歯科衛生士が足りない?

転職の多い職業として知られる歯科衛生士。今回は、歯科衛生士の転職を取り巻く状況と、現在転職は難しいのか、簡単なのか、についてご紹介したいと思います。
DH LIFE公式 | 98 view

この記事のキュレーター

ピッコロニー ピッコロニー