矯正歯科で働くメリットは?衛生士の業務内容まとめ

矯正歯科での業務内容や働くメリット・デメリットについて、一般歯科から矯正歯科に転職した歯科衛生士が紹介していきます。

2018年6月15日 更新
87 view
歯科衛生士の多くは「一般歯科」で働いているため、求人情報で「矯正歯科」を発見しても、『なんだか難しそう…』と応募するのをためらってしまうことも多いと思います。


そこで今回は、矯正歯科での業務内容や働くメリット・デメリットについて、一般歯科から矯正歯科に転職した歯科衛生士が紹介していきます。


ぜひあなたが転職を考えるときの参考にしてみてください。


矯正歯科とは

 (267)

「矯正歯科」と聞くと、マルチブラケット装置で歯を動かすイメージがありますよね。

しかし矯正歯科での治療は、歯を動かすだけではありません。

歯を綺麗に並べる他にも、あごの成長を促進・抑制して、理想的なあごの骨のバランスを整える治療もしているのです。


特にあごの骨がまだ成長中の子供の場合は、取り外し式の矯正装置を使いながらあごの成長をコントロールし、永久歯が綺麗に並ぶように導いていきます。

あごのズレをなくした状態で、マルチブラケット治療を開始すれば、健康な永久歯を抜歯せずに歯並びが綺麗になる可能性が高くなるんです。


もちろん矯正歯科治療は、大人になってからも始めることができます。

しかし、大人の場合はあごの成長が止まっていますよね。そのため、歯を綺麗に並べるためには健康な歯を抜歯し、できたスペースを利用して治療をする場合が多くなってしまうんです。


ただし「顎変形症」など、矯正治療だけでは直らない大きなあごのズレの場合は、矯正治療に加えて外科手術によるあごの骨の移動も行います。


このように矯正歯科では、ただ歯を並べるだけではなく、あごの骨の成長コントロールをおこなうなど、幅広く治療をしていきます。


矯正歯科での業務内容・衛生士の役割

 (268)

矯正歯科での歯科衛生士の業務は、先生のサポートはもちろん、歯科衛生士自ら患者さんの口の中にワイヤーを入れたり、レントゲン撮影・顔面や口の中の写真撮影・全顎の印象を取るなど矯正診断に必要な資料取りもおこないます。


そしてもう1つ歯科衛生士の大事な業務があります。

実は、矯正歯科に来る患者さんは、一般歯科に来る患者さんに比べて子供の割合がかなり多いのです。


そのため、子供達が治療を継続できるようにサポートすることはもちろん、保護者の方に使用する器具の説明や矯正装置のお手入れ方法を説明することも歯科衛生士の大切な仕事です。


矯正歯科に来る子供達は、自ら進んで「歯並びを直したい!」「かみ合わせを綺麗にしたい!」と思って矯正歯科に来るわけではありません。

どちらかと言うと「保護者の方が気になって」治療に連れてきている場合がほとんどです。

そのため、子供によっては治療のモチベーションが低く、途中で装置を使わなくなったり、丁寧に歯磨きせずに虫歯になるなど、矯正治療が思うように進まないケースも多いのです。


歯科衛生士は、そんな子供達に装置を使うことの大切さや、歯磨きの方法などを丁寧に何度も伝え、治療に協力してもらえるようサポートしていきます。


矯正歯科で働くメリット

一般歯科に比べて午前中の診療が暇なことが多い

一般歯科では午前中から患者さんも多く、忙しいですよね。しかし矯正歯科の場合は子供の患者さんが多いため、平日は16時以降から忙しくなり、午前中は比較的ゆっくりな診療になる場合が多いです。

出血する治療が少ない

矯正歯科では、歯を大きく削ったり抜歯をしたりすることもほとんどありません。
そのため「血を見るのが苦手…」という歯科衛生士にはおすすめの職場です。

患者さんの治療経過が長く観察できる

子供の頃から矯正治療を始めた子は、治療が終わることには高校生や大学生になっている子も多いんです。

それだけ長く1人の患者さんの治療経過を見られることも、一般歯科では体験できないメリットだといえます。


矯正歯科で働くデメリット

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こんな医院は辞めていい!職場環境チェックリスト

こんな医院は辞めていい!職場環境チェックリスト

離職率が高い歯科業界。あなたの勤める医院の職場環境は正常ですか?DH LIFEでは、あなたが転職を考えるべきかどうかを判断する「チェックリスト」をご紹介します!
marichan21 | 500 view
簡単にスキルアップする方法とは?

簡単にスキルアップする方法とは?

スキルアップはしたいけれど、何をすればいいかわからない。時間や体力的に難しい。そもそも基礎知識に自信がないなど、歯科衛生士がスキルアップに関して抱える悩みは様々です。今回はそんなスキルアップの方法についてご紹介します。
yuna | 398 view
【保存版】スケーラーの種類と使用部位、挿入角度のまとめ【関連動画あり】

【保存版】スケーラーの種類と使用部位、挿入角度のまとめ【関連動画あり】

スケーリング(歯石取り)とは、歯や歯根の表面(根面)からプラーク(歯垢)や歯石を取り除くこと。今回はその基礎知識についてまとめました。ふとした瞬間に見返せる保存版まとめです。操作方法(使い方、やり方)を詳しく知りたい場合は関連動画をご覧ください。
shoudao94 | 746 view
面接と違う!?騙されないために注意すること

面接と違う!?騙されないために注意すること

初めての人はもちろん、経験がある人も緊張するのが面接です。 面接を終えて、採用された後、実際働いた際に「面接の時の条件と違う」とトラブルになった経験はありませんか? トラブルまで発展せずとも、違和感を感じたことがある方は多いのではないでしょうか? 今回は、現役歯科衛生士が、体験談をもとに面接で騙されないための対処法を紹介します!
おぬまさら | 30 view
印象採得の上達は矯正歯科が近道!?ポイントを教えます

印象採得の上達は矯正歯科が近道!?ポイントを教えます

印象採得、それは歯科衛生士が一番苦戦する作業なのではないでしょうか。 矯正歯科に勤める歯科衛生士は、頻繁に印象採得が行うので、驚くほど上達します。 今回は現役歯科衛生士が、矯正歯科での印象採得についてお話します。
おぬまさら | 75 view

この記事のキュレーター

まみん まみん