出社は何時?衛生士の初日マナーとは

明日から新しい職場に出勤の皆さん、初出勤は何時に行きますか? 初日から悪い印象にならないよう、マナーのポイントをまとめてみました。 新卒の方も、ブランクがある方も、是非参考にしてみて下さい!

2018年7月18日 更新
150 view
明日から新しい職場に出勤の皆さん、初出勤は何時に行きますか?

初日から悪い印象にならないよう、マナーのポイントをまとめてみました。
新卒の方も、ブランクがある方も、是非参考にしてみて下さい!

①出勤時間「始業に間に合えばよい」は大間違い!?

 (1043)

普段の出勤でしたら、始業に間に合うように出勤でも問題ないと思います。
しかし初出勤の場合は、スタッフルームの案内や新しいユニフォーム、タイムカードの作製など、教えてもらうことが多く有ります。

そのため、始業開始20分前には着くように行くと良いです。
あまり早く行き過ぎても、スタッフの方が出勤していない場合もありますから、注意して下さい。
採用が決定した時点で、何時までに出勤したら良いか聞いておくと安心かもしれません。

②服装 スーツは着たほうが良い??

 (1044)

初出勤当日はユニフォームに着替えますので、スーツを着ていく必要はありません。
ただし、スタッフの皆さんと初顔合わせの日になりますから、露出の多い服装や派手な服装は避けるようにしましょう。

オフィスカジュアルな服装だと、当たり障りなく好印象だと思います。
また奇抜なメイク等も、第一印象が悪くなりがちですので、気をつけましょう。

③準備 家で復習できることは復習しよう

新卒の歯科衛生士も、ブランクがある歯科衛生士も、初出勤までに復習できることはしておきましょう。

<新卒の衛生士>

歯科衛生士免許を取得して初めてのお仕事。ものすごく緊張していると思います。
歯科医院によって、やり方や決まり事がそれぞれあると思いますので、その点は入ってから覚えていくといいと思います。

・歯科治療の術式
・衛生指導の方法
・スケーラーの種類
・プロービングの仕方


これら基本的なことは、どの歯科医院も一緒です。
教科書や今までやってきた実習を思い出して、復習しておきましょう。

<ブランクのある衛生士>

結婚・出産・子育て、もしくは別の理由でしばらく歯科衛生士の仕事から遠ざかっていたブランクのある方。
また歯科衛生士の仕事をやろうと復職を決めただけでも、すごく勇気のいることだったと思います。

ブランクが何年かにもよりますが、歯科衛生士としての感覚を戻すためにも、復習できる事はしておきましょう。
基本的な事は、新卒の方と一緒です。

教科書なんてもう捨ててしまった・・・という方は、インターネットで検索するとたくさんの情報や動画もでてくるので、そちらを活用しましょう。
初めは緊張すると思いますが、手は感覚を覚えているはずです。
しっかりと復習をして、初日に備えて下さい。

おすすめは、「Doctorbook academy」という医療系の無料の動画サイトです。
スケーリングやプロービングの動作などを、動画でレクチャーしてくれるのでおすすめです。

④人間関係 「自己流」は捨てよう

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ポイント解説】インレーセットまでの術式の流れ

【ポイント解説】インレーセットまでの術式の流れ

補綴物の調整でゴールがわからずやみくもに削っていませんか? 調整のゴールを知っておけば、無駄な作業も減りますし患者さんの負担も減ります。 知っておきたい調整のゴール、さらにコツをご紹介します!
saaa21 | 129 view
インプラントコーディネーターとは

インプラントコーディネーターとは

歯科治療としてしっかり地位を築いているインプラント治療。しかし自費治療ゆえに患者さんは「もっとしっかりじっくり相談をして治療を始めたい」「治療後も分からないことだらけなので話を聞いてほしい」…そんなお悩みに寄り添う“インプラントコーディネーター”とは?まとめてみました。
yuna | 50 view
日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

歯列矯正と聞くと小児が中心のイメージですが、最近は成人になってから矯正を検討する人も少なくありません。日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とはどのような資格なのでしょうか?気になる点をまとめてみました。
yuna | 31 view
日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

ただ痛い所を治すだけの治療よりも、より美しく治療をしてほしいという患者さんが随分増えてきました。そんな現代で重宝されるであろう“日本歯科審美学会歯科衛生認定士”。一体どのような資格なのかまとめてみました。
yuna | 37 view
レントゲン撮影は危険? 妊娠中の患者さんは大丈夫?

レントゲン撮影は危険? 妊娠中の患者さんは大丈夫?

最近ではほぼすべての歯科医院に完備されているレントゲン機器。 いくら微量とはいえ、放射線を用いる検査であることに変わりはありません。 それでは、患者さんをレントゲン撮影する際、患者さんの健康被害はあるのでしょうか? 特に妊娠中の患者さんはどうなのでしょうか? 今回は、歯科衛生士と密接にかかわるレントゲンについて、その人体への影響をご紹介します。
saaa21 | 38 view

この記事のキュレーター

TAKERIO TAKERIO