医院を選ぶ決め手はこれ!転職先選びガイド

歯科衛生士が働く医院を決めるうえで大切なポイントをまとめました。

2018年6月15日 更新
71 view
歯医者という場所は、少人数で診療しているところがほとんどです。

しかも女性ばかりの職場のため、中には仕事の内容よりも先輩や後輩歯科衛生士との人間関係がストレスになって、転職を考えることも多いのではないでしょうか?

人間関係がいい職場で働きたいけど、「院長と合うかな?」「先輩は優しいのかな?」と転職活動をするとき、1番に気になるのが人間関係ですよね。

でも人間関係なんて就職してみないと分かりません!

就職する前に「ストレスなく働ける職場」を選ぶことはできるのでしょうか?

そこで今回は5つのポイントに分けて、「人間関係のいい職場」の選び方を紹介していきたいと思います。


医院選びのポイント① 求人チェック

まず「転職しよう!」と思ったら、なるべく早くハローワークや歯医者のHPで、求人が出ている歯医者をチェックしてみましょう。そのとき可能なら、何度も求人はチェックした方がいいです。

その理由は、長期間求人が出ている歯医者や何度も求人を出している歯医者は、歯科衛生士の離職率が高いことを意味しているからです。

「あれ?この歯医者また求人がでてる…」と思ったら、人間関係や福利厚生などに問題がある場合があるので、注意した方がいいでしょう。

医院選びのポイント② 生の声を聞こう

 (225)

次に専門学校の友人や先輩歯科衛生士から情報を集めましょう。

歯科業界というのはとても狭い世界です。そのため、「○○の先生は怖い」「あそこの病院は勤務時間が長い」などの情報は筒抜けです。

また、歯科衛生士になるためには、専門学校時代にたくさんの歯医者で実習をおこないますよね。つまり、転職したことない歯科衛生士でも、他の歯医者の雰囲気やスタッフの様子を知っているのです。

他の歯科衛生士の「生の声」を聞くことは、HPや求人票を見るよりずっと信憑性のある情報なのです。
求人サイトを利用する際も、「生の声」が分かるものを選ぶとよいでしょう。

医院選びのポイント③ 試用期間の活用

転職したい歯医者が決まっても、正直働いてみないと、スタッフや院長との相性は分かりませんよね。

働き始めてから「あの先輩ちょっと苦手だな…」と人間関係でストレスを抱えてしまえば転職した意味がありません!

そこでおすすめしたいのが、1ヶ月でも「試用期間」を設けてもらうことです。1ヶ月でも一緒に働けば、その歯医者の雰囲気や人間関係も把握できますよね。

「試用期間」を設けると、本採用になるまで少し時間があいてしまいます。しかし、せっかく転職したのにまた同じ失敗をすることを考慮すると、試用期間の1ヶ月は、あなたにとって大切な時間になると思いませんか?

試用期間については 歯科衛生士の試用期間とは? をご覧ください。

医院選びのポイント④ 院長の奥さん

そして試用期間中に把握してほしいもう1つのポイントは、院長の奥さんの存在です。

もし院長が結婚している場合、奥さんがどれだけスタッフや歯医者の業務に関わっているかも見ておきましょう。

全くノータッチなら問題ありませんが、奥さん自身も歯科衛生士である場合や受付業務で診療に入る場合は、かなり働きにくくなる可能性が高いんです。

院長がいないときでも、奥さんの目は光っています。患者さんがいないときの言動までしっかり見られています。

つい「ポロッ」ともらした一言が、院長の耳に入ることだってあるんです。

女同士だからこそ細かい部分をチェックされ、指示ばかりだしてくる…など、あなたにとっての大きなストレスの原因になりうる人物であることは覚えておいて下さいね。

医院選びのポイント⑤

 (226)

1ヶ月の試用期間を経て、あなた自身が「働いてみたい!」と思えば、その感覚は間違っていません。安心して就職しましょう!

一方で、「自分には合わないかも…」と少しでも思ったら、その心の声を無視してはいけません!

前の歯医者で苦労したあなたなら、人間関係でストレスを抱えて働く辛さは十分わかっているはずです。

職場のスタッフとは、一日の大半を一緒に過ごします。家族や大切な人より長く一緒にいる人達なのです。

自分らしくいられる人達が周りにいない環境では、あなたの心は必ず壊れてしまいます。

暗い顔をした歯科衛生士に、患者さんは治療してもらいたいでしょうか?

あなたの心が健康でイキイキ働ける職場は、巡り巡って治療に来てくれた患者さんのためになります。

だからこそ、「ここだ!」とあなたが思える歯医者に出会えるまでは、何件もリサーチしたり「試用期間」を使ったりしながら、妥協せず納得できる職場を探してください。

おわりに

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

面接と違う!?騙されないために注意すること

面接と違う!?騙されないために注意すること

初めての人はもちろん、経験がある人も緊張するのが面接です。 面接を終えて、採用された後、実際働いた際に「面接の時の条件と違う」とトラブルになった経験はありませんか? トラブルまで発展せずとも、違和感を感じたことがある方は多いのではないでしょうか? 今回は、現役歯科衛生士が、体験談をもとに面接で騙されないための対処法を紹介します!
おぬまさら | 52 view
助手で勤めているバイト先に衛生士として就職するのはアリ?

助手で勤めているバイト先に衛生士として就職するのはアリ?

歯科衛生士になる前に、歯科助手として従事したことのある方は珍しくないでしょう。 やっとの思いで国家試験を通過し、いざ歯科衛生士として花開くとき、バイト先の医院に就職するのは得策なのか? 一生で一度の“新卒歯科衛生士”を無駄にしないために、一緒に考えてみましょう。
nana | 18 view
常勤・非常勤はどちらがおすすめ?ポイント別に紹介!

常勤・非常勤はどちらがおすすめ?ポイント別に紹介!

働くなら常勤?非常勤? 女性の歯科衛生士ならだれでも一度は考えたことがあるのではないのでしょうか。女性は人生のライフイベントがたくさんあるため、その分悩んでしまいますよね。 それでは、現役歯科衛生士が考える常勤と非常勤の違い、メリットデメリットをまとめましたのでご紹介します。
nana | 97 view
今、歯科衛生士が足りない?

今、歯科衛生士が足りない?

転職の多い職業として知られる歯科衛生士。今回は、歯科衛生士の転職を取り巻く状況と、現在転職は難しいのか、簡単なのか、についてご紹介したいと思います。
DH LIFE公式 | 93 view
医療法人の医院とは?個人の医院と何が違う?

医療法人の医院とは?個人の医院と何が違う?

求人票を眺めているとよく目にするのが「医療法人社団○○会」という法人名がついたクリニックです。これらの法人のクリニックは、個人経営の医院と何が違うのでしょうか? 働く従業員にとってどんな違いがあるのかについて、まとめました。
きりけん | 69 view

この記事のキュレーター

まみん まみん