認定歯科衛生士とは? 注目TOP5 !!

特定の診療科目において専門性の高い知識や技術を有する歯科衛生士に与えられるのが認定歯科衛生士制度です。今回は主な認定歯科衛生士資格について、ご紹介します。

2018年7月13日 更新
86 view
特定の診療科目において専門性の高い知識や技術を有する歯科衛生士に与えられるのが認定歯科衛生士制度です。今回は主な認定歯科衛生士資格について、ご紹介します!

① 歯周病認定歯科衛生士

 (923)

歯周病認定歯科衛生士は特定非営利活動法人日本歯周病学会が認定している制度です。歯周病に関する知識・技術が一定レベル以上の場合に取得でき、歯周病学の発展・向上だけでなく予防に努めることが求められます。

認定歯科衛生士取得には歯周病学会学術大会への出席が義務付けられていているだけでなく、初診からSPTまで担当した症例の提出が必須になります。

歯科衛生士だけでなく働いている歯科医院の歯科医師にも協力を仰がなければ取得するのが難しい資格です。

② ホワイトニングコーディネーター

ホワイトニングコーディネーターも認定歯科衛生士制度の一つです。

ホワイトニング人気の急増に伴い制度が整備されました。ホイトニングについて正しい知識を持つ歯科衛生士に与えられる資格で、日本歯科審美学会が管轄しています。

認定歯科衛生士取得にはホワイトニングに関する基本的な知識だけでなく、認定講習を受けてきた内容の試験を行います。技術を問われることはなく、試験のみで取得できます

③ インプラント専門歯科衛生士

 (924)

公益社団法人日本口腔インプラント学会が認定している歯科衛生士制度の一つです。

インプラント治療の取扱件数が増えている中で、インプラント治療に関わるトラブルも多くなりました。そこで整備された資格の一つで、インプラント治療のメインテナンスを中心に診療に関わっていきます。

インプラント専門歯科衛生士の資格を取得するには口腔インプラント学会専門医の推薦が必要になります。なので、インプラント専門歯科衛生士を取得したいと考えている歯科衛生士は口腔インプラント学会専門医の元で日常診療に携わると効率的でしょう。他にも学術大会への出席や試験の合格が取得条件になります。

④ 日本歯科審美学会歯科衛生認定士

 (925)

審美歯科学についての専門的な知識と臨床技術を備えている歯科衛生士に与えられる資格が日本歯科審美学会歯科衛生認定士です。

審美歯科は歯科医療の中でも大きな役割となりつつありますが、専門的な知識を持った衛生士は不足しているので、現在注目の資格です。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラントコーディネーターとは

インプラントコーディネーターとは

歯科治療としてしっかり地位を築いているインプラント治療。しかし自費治療ゆえに患者さんは「もっとしっかりじっくり相談をして治療を始めたい」「治療後も分からないことだらけなので話を聞いてほしい」…そんなお悩みに寄り添う“インプラントコーディネーター”とは?まとめてみました。
yuna | 11 view
日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

歯列矯正と聞くと小児が中心のイメージですが、最近は成人になってから矯正を検討する人も少なくありません。日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とはどのような資格なのでしょうか?気になる点をまとめてみました。
yuna | 9 view
日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

ただ痛い所を治すだけの治療よりも、より美しく治療をしてほしいという患者さんが随分増えてきました。そんな現代で重宝されるであろう“日本歯科審美学会歯科衛生認定士”。一体どのような資格なのかまとめてみました。
yuna | 12 view
インプラント専門歯科衛生士とは?

インプラント専門歯科衛生士とは?

歯科衛生士の中でも様々な専門分野があります。それぞれの分野に精通した専門歯科衛生士とはどんなものなのか。今回は“インプラント専門歯科衛生士”についてまとめてみました。
yuna | 18 view
審美学会歯科衛生認定士とは?

審美学会歯科衛生認定士とは?

日本歯科審美学会歯科衛生認定士は日本歯科審美学会が設定している資格制度の一つです。 近年、審美歯科は徐々に普及し、需要が高まっています。同時に、そういった審美治療に携わる歯科衛生士の需要も高まっているのです。 今回は歯科衛生士さんの中でも人気の高い日本歯科人美学会歯科衛生認定士の資格について詳しく紹介していきます。
きりけん | 27 view

この記事のキュレーター

きりけん きりけん