いじめに負けないために。体験して分かったポイント5つ

みなさん、職場でいじめを受けたことはありませんか?いじめとはいかないまでも、小さな嫌がらせなら受けたことがある人がほとんどだと思います。実際に私もいじめを受けた過去があります。そんな私が体験したいじめを元に、おさえておきたいポイント5点をお伝えしますので試してみて下さい。

2019年3月25日 更新
41 view
歯科衛生士とは女の世界の代表的な仕事です。狭い院内で拘束時間も長い中、女同士の戦いが繰り広げられます。

いじめが原因で仕事が手につかなかったり、委縮してしまったり、結果患者さんにシワ寄せがきてしまいます。

実際に私もいじめを受けた過去があります。そんな私が体験したいじめを元に、おさえておきたいポイント5点をお伝えしますので試してみて下さい。

具体的にどんないじめを受けたか

実際に私が受けたいじめの一部をご紹介します。

・ 挨拶をしても舌打ちをされる
・ セメントをあえて固く練って充填しにくくさせ失敗させる
・ スタッフの前で罵倒される
・ 変なあだ名を付けられる
 (1222)

などといったいじめを受けました。他にも数えきれない程ありましたが、このあたりにしておきます。

先輩は、「充填」もままならない新人の私に、わざと固く練ったセメントを渡してきました。「もう少し柔らかく練って下さい」なんて言えず、結局不十分な充填になり、結果先生にも怒られるという悪循環でした。

まだ自分で練和したセメントで充填をして先生に怒られるのならわかりますが、硬化間近のセメントで上手く充填できる人なんていますか?と逆に聞きたいくらいでしたが、我慢するしかありませんでした。

そして、身体的な特徴からのあだ名は毎日呼ばれていたので本当に苦痛でしたし、お弁当を食べている最中にも関わらず、罵倒されたりしました。周りの方々は、止めることもなく自分が標的にならないようし必死でした。

いじめを受けやすいのはどんな人?

以下の3つのポイントが、私が感じる「いじめを受けやすい人」の条件です。

・ 新入社員
・ 職場環境に合わない人
・ 常識がない人

当てはまる項目はありませんか?先輩の当たり所は、何も知らない新入社員に向けられる事が多いです。そして、真面目な人が良い訳でもありません。医院によっては、真面目なスタッフさんが多い場合には、不真面目な衛生士はいじめの対象になりやすいです。

逆に仕事をなんとなくして、朝から晩になればいいというタイプのスタッフが大半の医院には、情熱をもって仕事をしたいという方はハネコにされがちです。その場に合った対応というものが一番のポイントだと思います。

可愛がってもらうにはどうすればいい??

 (1223)

それではどうすれば先輩に可愛がってもらえるのでしょうか。
私の経験から、その条件をご紹介します。

・ 自ら人の嫌がる仕事を進んでする
・ 「教えて下さい」と先輩を頼る
・ 謙虚であること
・ 先輩が例え他の人の悪口を言っていても肯定も否定もしない


人は人に頼られると必要とされてると思い、勝手に親近感がわいてきます。なので、分からないことは素直に聞いてみて下さい。先入観を捨て、いろいろな人と絡み特定の人だけとつるまないようにしましょう。

いじめ予防には○○が大事!?

最も重要なことは、積極的に周りと触れ合うことです。
お互いを知ることで親近感もわいてきますし、相手が嫌なこともわかるので、
人間関係に

スタッフさんと会話をし、この人はこういう話題が好きだな。っというポイントをおさえておくと簡単にコミュニケーションがとれると思います。

それでもいじめを受けてしまったら

 (1225)

・ まずは見方を一人でも多く作る事です
・ 何が悪いのか、自分で自分を振り返ります

周りが全て敵に見えてしまいがちですが、できる限り自分と価値観が同じ様な人を見つけましょう。その為に日々スタッフの人間観察は必須になります。言葉だけが全てではありません。

例えば自分が先輩から必要以上に怒られたりしているときに、その場から離れるスタッフさんはいませんか?憶測ですが、その方はその空気感が嫌なんでしょう。いじめる側の立場の人間はそこで逃げず、煽ります。そういう些細な行動もきちんと見ておくといいでしょう。

さらに、自分が被害者だと思ってはいけません。もしかしたら、自分にも何か原因があるのかもしれません。ちょっとしたすれ違いや勘違いがいじめのきっかけになってしまします。なので自分に悪い所はなかったのか?考えてみましょう。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ベテラン歯科助手さんとの付き合いが難しい!

ベテラン歯科助手さんとの付き合いが難しい!

皆さんの勤めている医院にもいるであろう「歯科助手」さん。歯科衛生士である皆さんはその歯科助手さんと上手にお付き合いできているでしょうか?今回は、ベテラン歯科助手さんとのお付き合いについてご紹介します!
yuna | 113 view
【ポイント解説】インレーセットまでの術式の流れ

【ポイント解説】インレーセットまでの術式の流れ

補綴物の調整でゴールがわからずやみくもに削っていませんか? 調整のゴールを知っておけば、無駄な作業も減りますし患者さんの負担も減ります。 知っておきたい調整のゴール、さらにコツをご紹介します!
saaa21 | 129 view
インプラントコーディネーターとは

インプラントコーディネーターとは

歯科治療としてしっかり地位を築いているインプラント治療。しかし自費治療ゆえに患者さんは「もっとしっかりじっくり相談をして治療を始めたい」「治療後も分からないことだらけなので話を聞いてほしい」…そんなお悩みに寄り添う“インプラントコーディネーター”とは?まとめてみました。
yuna | 50 view
日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

歯列矯正と聞くと小児が中心のイメージですが、最近は成人になってから矯正を検討する人も少なくありません。日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とはどのような資格なのでしょうか?気になる点をまとめてみました。
yuna | 31 view
日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

ただ痛い所を治すだけの治療よりも、より美しく治療をしてほしいという患者さんが随分増えてきました。そんな現代で重宝されるであろう“日本歯科審美学会歯科衛生認定士”。一体どのような資格なのかまとめてみました。
yuna | 37 view

この記事のキュレーター

DH LIFE公式 DH LIFE公式