みんなも同じ?歯科衛生士になって苦労したこと

なにかと苦労の多い歯科衛生士。そんな歯科衛生士のなやみを現役歯科衛生士がまとめました。

2019年3月25日 更新
277 view
こんにちは。歯科衛生士のyunaです。子育てをしつつ歯科衛生士として臨床に出ている現役歯科衛生士です。

歯科衛生士としてお仕事をされている皆様、楽しくお仕事に励んでいますか?

仕事なので「毎日最高―!!」ばかりではないかもしれません。
現在歯科衛生士として働いている私にも沢山の悩みがあります。今回はそんな「歯科衛生士の悩み」をまとめてみました。


苦労・悩み① 人間関係

 (184)

私は歯科衛生士の資格を取得し、8年になりますがとにもかくにも人間関係で日々頭を抱えています。最初の職場は一般企業、次の職場は町の歯科医院ですがそのどちらででも人間関係では苦労をしています。

厳密に言うと、「先輩歯科衛生士さん」とうまくやっていくことの難しさに悩んでいます。ベテランで年の離れている先輩です。皆さんにはそんな先輩歯科衛生士さんがいるでしょうか?

新卒で入社をした私はその時周囲の新社会人と同じような年齢でした。最初の就職先は一般企業だったため、社会における基本的なルールや社内での規則などを研修で学び、その後初めて歯科衛生士の業務を学んでいきます。大変ではありましたが同じ歯科衛生士の同期と共に乗り越えていきました。

しかし配属後、要領の良い彼女と不器用な私を明らかに差別する先輩と出会ったのです。その先輩にいじめられてしまうのは私の性格にも問題があったのかもしれません。「同期と同時入社でなければこんなに辛い思いしなくて済んだのではないか」と思ったこともありましたが結局私を支え、助けてくれたのは同期の存在でした。

また、2か所目の就職先である町の歯科医院ですが、ここは結婚・出産を経て正社員ではなくパートタイマーとして勤務を始め、現在も同医院で仕事を続けています。ここには私と同年代の歯科衛生士はおらず、皆さんバリバリのベテラン歯科衛生士さんです。

先輩歯科衛生士さんにはできて当たり前のことも私には出来ません。何せ臨床現場で働くのは歯科衛生士になって初めての経験でしたから。しかし、歯科衛生士になって8年が経つ私が何もできないことに皆さん苛立ちを感じていたようです。加えて、保育園のお迎えや家事などに追われ居残りで練習などもできず私ももどかしく感じる毎日です。

優しくしてくださる先輩歯科衛生士さんももちろんいますが、その歯科医院の中心的な存在である歯科衛生士さんにはよく思われていないのがまざまざと伝わってきて辛いです。


苦労・悩み② スキルアップの難しさ

歯科衛生士のスキルアップ法といえば日々の実践に加えセミナーや勉強会への積極的な参加、先輩に教えていただくのも立派な方法だと私は思います。しかし、歯科衛生士の皆さんはその時間を満足いく程確保できているでしょうか?私の答えは確実に「No」です。

まだまだ手のかかる年齢の子供を置いて一日仕事のセミナーにはなかなか参加しづらいですし、人手不足解消のため雇われた私に手取り足取り一から教えてくれる余裕のある先輩歯科衛生士さんなんているはずもありません。人手が足りていないのですから。そして、お金をいただいている以上は「自分がなんとかやる」しかないのです。

その結果、自身のやり方が正解なのか分からないまま歯科衛生士歴だけが長くなっていってしまいました。子供が落ち着いたらガンガンセミナーに参加するしかないな、と感じています。

苦労・悩み③ 仕事と家庭の両立

 (186)

独身時代、結婚を機に歯科衛生士を辞めてしまう友人たちを目の当たりにして「どうしてみんな辞めてしまったきり復職しないのだろう?」と疑問に思ったことがありました。そして結婚・出産を経験した今その疑問を疑問だとも思わずにいる私がいます。

復職したくなくてしないのではなく、単純に“できない”のです。歯科衛生士の主な職場は歯科医院が多いですが朝早くから準備が始まり、夜遅くまで診療を行っている医院のなんと多いこと。私の場合保育園に預かってもらえる時間を考慮するとどうしても最初から最後まで勤務することが難しいのです。

結果、前述した通りスキルアップになかなか時間が費やせず先輩歯科衛生士さんにはやる気が伝わらず…かといって仕事中心にしてしまうと家庭の業務が疎かになってしまうという、なんともいただけない負のループにハマっていってしまうのです。私だってもっとスキルを身に着けたい、身に着けたいけど家庭も大事…。困ったものです。


おわりに

歯科衛生士はとても素敵なお仕事です。皆さんにも長く続けてほしいと願っています。
歯科衛生士になって数年は本当に色々な壁にぶつかると思います。

今回の記事で、「みんな同じような悩みを抱えているのだな」と少しでも肩の荷がおりた人がいれば幸いです。まだまだ一緒に歯科衛生士頑張っていきましょう!!私も頑張るぞー!!
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

面接と違う!?騙されないために注意すること

面接と違う!?騙されないために注意すること

初めての人はもちろん、経験がある人も緊張するのが面接です。 面接を終えて、採用された後、実際働いた際に「面接の時の条件と違う」とトラブルになった経験はありませんか? トラブルまで発展せずとも、違和感を感じたことがある方は多いのではないでしょうか? 今回は、現役歯科衛生士が、体験談をもとに面接で騙されないための対処法を紹介します!
おぬまさら | 99 view
楽な職場はどんな職場? TOP5 を紹介!

楽な職場はどんな職場? TOP5 を紹介!

歯科衛生士は急患も多いし、残業が多くて仕事が大変。出産や子育てでブランクがある方の中には、「できるだけ楽な職場で働きたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。 もちろん、楽な職場を望んでいることは、悪いことではありません。 みんながみんな、歯科衛生士の仕事が純粋に好きで仕事をしているわけではありませんよね…。 そこでこの記事では、歯科衛生士が楽に働ける職場の基準や職場環境をご紹介していきます。
まみん | 218 view
嫌な患者さんにはどう対応する?Case別対処法ガイド

嫌な患者さんにはどう対応する?Case別対処法ガイド

「今日はあの嫌な患者さんが来る・・・」こんな気持ちの日はありませんか? 一般的には態度が威圧的な人が敬遠されがちですが、今回はもっと具体的で、じわじわ嫌な気持ちにしてくる患者さんへの対処法を、現役歯科衛生士が実体験を交えてお答えします!
TAKERIO | 152 view
左利きの歯科衛生士が気を付けるべきことまとめ

左利きの歯科衛生士が気を付けるべきことまとめ

歯科衛生士は器具を手で精密に扱う職業です。それでは、左利きの歯科衛生士はいるのでしょうか?左利きの歯科衛生士はどんなことに気を付ければよいのでしょうか?メリットはあるのでしょうか?
DH LIFE公式 | 103 view
【必見】こんな患者さんには特に気を付けて!患者さん別対応ガイド

【必見】こんな患者さんには特に気を付けて!患者さん別対応ガイド

歯科医院には様々な患者さんが来院します。中には、特殊な対応が求められる患者さんもいるのです。子供や高齢者、障がいを持っている人、外国人など…今回はそんな特殊な患者さん別の対応の仕方をご紹介します。
TAKERIO | 55 view

この記事のキュレーター

yuna yuna