ベテラン歯科助手さんとの付き合いが難しい!

皆さんの勤めている医院にもいるであろう「歯科助手」さん。歯科衛生士である皆さんはその歯科助手さんと上手にお付き合いできているでしょうか?今回は、ベテラン歯科助手さんとのお付き合いについてご紹介します!

2018年6月25日 更新
128 view
こんにちは。歯科衛生士のyunaです。皆さんの勤めている医院にもいるであろう「歯科助手さん」。
歯科衛生士である皆さんはその歯科助手さんと上手にお付き合いできているでしょうか?

今回は、ベテラン歯科助手さんとのお付き合いについて少し書かせてください。

悩んだこと① 院内での経験の差

 (500)

歯科医院に務めると様々な職種の方々とお仕事を一緒に進めていくことになりますよね?歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・受付事務…歯科技工士が常駐している医院も多数あるかもしれません。

みんなで一丸となって医院を作り上げていくのですが、歯科衛生士としてまだまだ駆け出しだった頃(いや、今でも十分駆け出し状態なのですが…)、私が悩んだことの一つとして“ベテラン歯科助手さんとの付き合い方”があったのです。

なぜ悩んだのか

私たち歯科衛生士は厳しい臨床実習を乗り越え、必死に知識を詰め込んで国家試験を乗り越えた“有資格者”なのです。

しかし歯科医院で勤め始めてすぐの頃、その医院の勝手が分からない私は全く使い物にならなかったのです。
それどころか、その医院自体のことや院長はじめスタッフの好み、性格などを熟知しているベテラン歯科助手さんの方が私から見ればよほど「歯科衛生士っぽい!」とすら感じました。そうこう考えているうちに「別に資格を持った私なんていなくてもこの医院は全然問題ないのではないか…」と悲観的に。

「歯科衛生士なのにこんなこともできないの?」
「歯科助手だけどこんなことまでできるよ、○○さんは。」

些細な一言ですが、こんな一言がどれほど新人歯科衛生士の繊細な心に突き刺さることか・・・。

経験の差があるのは当たり前

今ならもちろんよく分かります。その歯科医院に長く勤めていらっしゃるのだから色々なことが分かって当たり前なのです。逆に、入ってすぐの私が何も分からないこともまた当たり前なのです。少しずつ時間をかけてその医院のカラーを知っていく、その心構えが大切なのだと気付かされました。

もし、似たようなことで悩んでいる人がいるのであれば「深く考えなくてもその歯科医院に長くいればいつか分かるようになるよ」とお伝えできればと思っています。

悩んだこと② 歯科衛生士と歯科助手の線引きの曖昧さ

仮封が上手な「歯科助手さん」

私がかつて、まだ歯科助手としてとある医院でアルバイトをしていました。その医院では歯科衛生士と歯科助手の線引きが非常に明確でした。「歯科助手は口腔内に手を入れない!以上!!」。このくらい明確でした。

歯科衛生士と歯科助手は制服も違いましたし、名札にも職種がきちんと明記されている、そんな医院で私は4年余り勤務をしていました。そのため、歯石除去はもちろんのこと、印象採得や仮封なども勤務先では一切経験なく歯科衛生士の資格を取得することとなったのです。


ところが、実際歯科衛生士仲間から聞いた話や自身が臨床に出てからのことを踏まえると“歯科衛生士級の歯科助手”のなんと多いこと!!印象採得、仮封は当たり前で中には平然と歯石除去を行っているという話まで…。

勿論これらの行為は歯科助手に許されているものではありません。例え歯科医師からの指示があっても、です。監査が入れば一瞬で業務停止になり得ることです。しかし現実では程度の差こそあれど、多くの医院でこの“歯科衛生士・歯科助手曖昧問題”が発生していることと思います。 私も、駆け出しの私よりよほど上手に印象を採り、仮封を行う歯科助手さんを見て、

「私が一生懸命時間とお金をかけて取得したこの資格に一体何の意味があるのだろう?」

こう思わずにはいられませんでした。私の他にもそう感じている歯科衛生士さんがどこかにいるかもしれません。

衛生士として胸を張ってください!

 (501)

自身も経験が長くなれば医院の問題として提起できますが、まだその医院で駆け出しの場合は勇気を出して身近な歯科衛生士の先輩に相談してみてください。先輩も同じように感じているかもしれません。院長の意向を教えてくれるかもしれません。上に掛け合ってくれるかもしれません。

もしそれでも改善しないようであれば他の歯科医院で働くことを視野に入れてみても良いと思います。歯科衛生士の資格をもっと尊重してくれる医院はいくらでも存在するのですから。あなたがきちんと時間をかけ取得したその資格は国家資格です。堂々と胸を張ってくださいね。

そんな歯科助手さんとどう向き合っていくのか

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

面接と違う!?騙されないために注意すること

面接と違う!?騙されないために注意すること

初めての人はもちろん、経験がある人も緊張するのが面接です。 面接を終えて、採用された後、実際働いた際に「面接の時の条件と違う」とトラブルになった経験はありませんか? トラブルまで発展せずとも、違和感を感じたことがある方は多いのではないでしょうか? 今回は、現役歯科衛生士が、体験談をもとに面接で騙されないための対処法を紹介します!
おぬまさら | 136 view
新人助手さんの教育係になったら? ポイントまとめ

新人助手さんの教育係になったら? ポイントまとめ

歯科衛生士としてキャリアを積んでいくと、いつかは必ず訪れる新人教育。 しかし、新人教育乗り越えたときにはきっと後輩に慕われる素敵な歯科衛生士になれるはずです。 一緒に、未経験の新人の助手さん教育について考えてみましょう。
nana | 108 view
いじめに負けないために。体験して分かったポイント5つ

いじめに負けないために。体験して分かったポイント5つ

みなさん、職場でいじめを受けたことはありませんか?いじめとはいかないまでも、小さな嫌がらせなら受けたことがある人がほとんどだと思います。実際に私もいじめを受けた過去があります。そんな私が体験したいじめを元に、おさえておきたいポイント5点をお伝えしますので試してみて下さい。
DH LIFE公式 | 51 view
楽な職場はどんな職場? TOP5 を紹介!

楽な職場はどんな職場? TOP5 を紹介!

歯科衛生士は急患も多いし、残業が多くて仕事が大変。出産や子育てでブランクがある方の中には、「できるだけ楽な職場で働きたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。 もちろん、楽な職場を望んでいることは、悪いことではありません。 みんながみんな、歯科衛生士の仕事が純粋に好きで仕事をしているわけではありませんよね…。 そこでこの記事では、歯科衛生士が楽に働ける職場の基準や職場環境をご紹介していきます。
まみん | 258 view
嫌な患者さんにはどう対応する?Case別対処法ガイド

嫌な患者さんにはどう対応する?Case別対処法ガイド

「今日はあの嫌な患者さんが来る・・・」こんな気持ちの日はありませんか? 一般的には態度が威圧的な人が敬遠されがちですが、今回はもっと具体的で、じわじわ嫌な気持ちにしてくる患者さんへの対処法を、現役歯科衛生士が実体験を交えてお答えします!
TAKERIO | 171 view

この記事のキュレーター

yuna yuna