歯磨き嫌いの子供とその家族に歯科衛生士が出来ること

歯磨きが嫌いな子供は少なくありません。子供が嫌がるので、親御さんも歯磨きに対してネガティブになってしまいます。そんな時、歯科衛生士ができることにはどんなことがあるでしょうか。 子供と、その家族へのベストな対応をまとめました。

2018年9月10日 更新
28 view
「うちの子、歯磨きが嫌いで仕上げ磨きが上手く出来なくて困ってるんです。」
そう言って、歯科医院を訪れる親御さんは決して少なくありません。

一人では上手に磨けない小さなお子さんにとって、大人に仕上げ磨きを行ってもらう事は歯肉炎や虫歯を防ぐためにも非常に大切な事です。来院されるお子さんをその場限りで綺麗にケアしてあげるだけが歯科衛生士の仕事だと思わずに、その他にどんな事が出来るのか考えていきましょう。

歯医者さんが怖い場所だなんて昔の話

 (1128)

昔から子供が嫌がる場所の代名詞は病院で、中でも歯科医院はトップといっても過言では無いと思います。〝歯を削られる、痛い、怖い〟大人でもそう言って歯科医院を遠ざけがちです。

そのイメージの原因は、日本の歯科医院の歴史にあります。
もともと虫歯や歯周病などの〝予防〟に力を入れていなかった昔の日本では、歯科医院の待合室は虫歯などで痛みを抱えた人達で溢れかえっていました。痛くなってから治療に行く、というのが一般的だったので、歯医者さんは痛い注射をして歯を削る人。そのイメージが長年続いていました。

しかし、近年それが少し変わりつつある事をご存知でしょうか?ようやく〝予防〟の意識が広がり、歯のメンテナンスとして来院する方が増加しました。その中には、歯磨き指導やフッ素塗布を受けに沢山のお子さんもいらっしゃいます。幼い頃からこうして歯科医院に通うことは、歯磨きの慣れや怖いイメージを植え付けない為の大事なステップになるのです。

もちろん歯科医院は楽しい場所ではないかもしれません。「今日も歯をピカピカにしようね。」と、コミュニケーションをとり来院しやすい環境作りにも努めましょう。

「仕上げ磨き頑張りましょう」 それって指導ですか?

 (1129)

さて、冒頭でもお話しした様に自宅でのお子さんの歯磨きに悩みを持っている親御さんは多いですが、そんな方にどんな言葉をかけていますか?励ましの言葉も大切ですが、親御さんは少なくとも具体的なアドバイスを求めています。

そんな時に「頑張りましょう。」という言葉はとても人ごとであり少々酷に感じます。そもそも、歯科医院で上手にお子さんが歯磨きをさせてくれたとしても、自宅に帰れば動くチェアも唾を吸うバキュームも口腔内を照らすライトもありません。ましてや、家族には甘えてしまうので、ただ口を開けてジッとしていられない事も多いでしょう。そういった事も考慮して、親御さんとお子さんの両方に寄り添った指導やアドバイスをする事が歯科衛生士には求められます。

〈母子それぞれの話から解決策を探る〉

まずは、親御さんの意見で最も多いものをとりあげていきます。

① 子供が歯磨きを痛がる

これにはいくつかの理由が考えられますが、主な原因は磨く力が強いことです。

根元まで磨くのは大切な事ですが、多くの子供用歯ブラシは毛先がフラット(⇔テーパード)なので、歯茎に毛先が強く当たると痛みを感じやすいです。また、前歯の辺りの唇をめくってみると人間には小帯という紐のようなものがあります。この部分に歯ブラシが当たると痛いので、歯磨きの時にはお子さんの唇をめくり小帯に当たっていないかを確認しながら行うように指導しましょう。

② 忙しくて仕上げ磨きの時間が十分にとれない

 (1130)

磨く事自体は数分で終わるとはいえ、家事や下の子の世話で忙しかったり、お子さんがじっとしてくれなくて時間がかかったりと、非常に多い悩みではあります。毎食後のケアが難しいようであれば、夜寝る前に絞ってアドバイスしてみましょう。

理想は、毎食後出来れば良いのですが毎日そうはいきません。睡眠中は口腔内の細菌が活発になり虫歯が進行しやすいので、一日の内で夜の歯磨きが一番大事とされています。その説明をした上で、夜は仕上げ磨きを行うように伝えましょう。

また、虫歯予防の補助としてフッ素を積極的に取り入れると良いので、フッ素洗口を紹介するのもひとつです。フッ素洗口はブクブクうがいをすることで汚れを落とし、全体にフッ素を行き渡らせる事が出来ます。非常に簡単で、お子さんのいるご家庭にはおすすめです。

③ 歯磨き粉が嫌い

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

簡単にスキルアップする方法とは?

簡単にスキルアップする方法とは?

スキルアップはしたいけれど、何をすればいいかわからない。時間や体力的に難しい。そもそも基礎知識に自信がないなど、歯科衛生士がスキルアップに関して抱える悩みは様々です。今回はそんなスキルアップの方法についてご紹介します。
yuna | 398 view
こんな医院は辞めていい!職場環境チェックリスト

こんな医院は辞めていい!職場環境チェックリスト

離職率が高い歯科業界。あなたの勤める医院の職場環境は正常ですか?DH LIFEでは、あなたが転職を考えるべきかどうかを判断する「チェックリスト」をご紹介します!
marichan21 | 499 view
【保存版】スケーラーの種類と使用部位、挿入角度のまとめ【関連動画あり】

【保存版】スケーラーの種類と使用部位、挿入角度のまとめ【関連動画あり】

スケーリング(歯石取り)とは、歯や歯根の表面(根面)からプラーク(歯垢)や歯石を取り除くこと。今回はその基礎知識についてまとめました。ふとした瞬間に見返せる保存版まとめです。操作方法(使い方、やり方)を詳しく知りたい場合は関連動画をご覧ください。
shoudao94 | 746 view
歯科衛生士がこどもへの対応で気をつけるべきポイント

歯科衛生士がこどもへの対応で気をつけるべきポイント

あなたは小児の患者さんの対応は得意ですか?苦手ですか?私は以前までとても苦手でした。 思うように行動してもらえないもどかしさや、何を話したら喜んでもらえるのかが分からなくて戸惑っていました。 しかし今では私が対応すると「いつもはダメなのにお姉さんなら言うことを聞いてくれる」と言っていただくまで成長することができました。 そんな私が小児歯科で勤めていた経験からこの記事を書かせていただきます。
nana | 17 view
患者さんのお口に合った歯磨き粉の選び方とは?

患者さんのお口に合った歯磨き粉の選び方とは?

「歯磨き粉のおすすめはありますか?」そう患者さんに言われてドキッとした事はありませんか?そんな中で、私たち歯科衛生士が患者さんの為に伝えられる事とは何なのでしょう。ただ情報を伝える事だけではなく、ポイントをおさえながら対応してみる様にしましょう。
shoudao94 | 14 view

この記事のキュレーター

shoudao94 shoudao94