職場の衛生管理がずさんかも??衛生管理で気を付けること

抜歯や歯の削合やスケーリングなど、歯科医院では日々、血液や体液に触れる機会が多くありますよね。 そのため治療中はもちろん、器具の後片付けのときまで歯科衛生士は感染のリスクにさらされています。 この記事では、衛生管理がずさんな歯科医院とはどういう病院か、また、きちんと衛生管理されている歯科医院を見極めるためのポイントを解説していきます!

2018年7月27日 更新
85 view
抜歯や歯の削合やスケーリングなど、歯科医院では日々、血液や体液に触れる機会が多くありますよね。

そのため治療中はもちろん、器具の後片付けのときまで歯科衛生士は感染のリスクにさらされています。

この記事では、衛生管理がずさんな歯科医院とはどういう病院か、また、きちんと衛生管理されている歯科医院を見極めるためのポイントを解説していきます。

衛生管理の重要性

 (1061)

院内感染とは、医療に関連した感染を指します。

例えば、使用済みの器具による血液や体液を介し、別の患者さんへ感染させてしまうことはもちろん、医療従事者であるわたし達歯科衛生士も、リキャップ時に誤って使用済みの麻酔針を刺し、ウイルス感染することだってあります。
 
このような院内感染がおこならいためにも、麻酔針のリキャップは、片手でトレーの端を利用してワンハンドテクニックでおこなうなどのマニュアルを作成し、歯科医院全体で衛生管理のあり方を共有しておく必要があるのです。
 
すべての患者さんの体液や血液は、感染する危険があるものとして考えておかなけれなりません。
 
そのため、歯科用ユニットから取り外しできる、使用済みの高速エアタービンや超音波スケーラーのホルダーやチップ、スリーウェイシリンジのチップなどの機材は、可能な限り患者さんごとに取り替え、消毒や滅菌をおこなうことが原則なのです。
 
スタッフはもちろん院長も含め、全員が正しい衛生管理の知識を持ち、歯科医院全体で院内感染予防を確実におこなっていくことが、患者さんを守り歯科医院のスタッフを守ることにつながるのです。

こんな医院は要注意!衛生管理がずさんな医院の特徴

① 器具や薬剤などの置き場所が決まっていない

器具や薬剤を必要なときにすぐ出せるように、使用頻度に応じて物の置き場所を決めておくことは大切です。
全員が物の置き場所を把握しておくことは、スムーズな診療につながります。

反対に、必要なものの置き場が決まっていないと、スムーズな診療ができなくなるばかりか、薬剤を間違えるなど医療事故につながる可能性もあります。
 (1062)

② 細かい部分まで掃除が行き届いてない

掃除は点検です。

院内を清潔にするだけでなく、掃除をしながらユニットが正しく動くか、高速エアタービンから水漏れはないかなど、点検しながら掃除をおこなうことで、器具や機材の異常をいち早く発見できるようになります。

一方で清掃が適当な歯科医院では、診療が始まるまで器具や機材の異常が分からないため、患者さんの治療が遅れてしまったり、ときには治療ができないトラブルがおこってしまうかもしれません。
 

③ 患者さんごとにグローブの交換ができてない

グローブは、唾液・血液・粘膜に触れるときは必ず患者さんごとに着用し、唾液や血液などで汚染された器具に触れるときも着用するのが原則です。
また同じ患者さんであっても、グローブが汚染したりピンホールがあいた場合も再使用してはいけません。
 
しかし、歯科医院によっては頻繁にグローブを変えてはいけない雰囲気のある病院もあり、グローブを使い回すといった、ずさんな衛生管理がおこなわれている歯科医院もあります。
 
歯科衛生士の体を唾液や血液などの汚染物質から守ることはもちろん、歯科衛生士の手指から患者さんへウイルスや細菌感染させないためにも、グローブの交換は患者さんごとにおこなうべきなのです。

自分の職場が危険かも。どうするべき?

 (1063)

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

簡単にスキルアップする方法とは?

簡単にスキルアップする方法とは?

スキルアップはしたいけれど、何をすればいいかわからない。時間や体力的に難しい。そもそも基礎知識に自信がないなど、歯科衛生士がスキルアップに関して抱える悩みは様々です。今回はそんなスキルアップの方法についてご紹介します。
yuna | 398 view
こんな医院は辞めていい!職場環境チェックリスト

こんな医院は辞めていい!職場環境チェックリスト

離職率が高い歯科業界。あなたの勤める医院の職場環境は正常ですか?DH LIFEでは、あなたが転職を考えるべきかどうかを判断する「チェックリスト」をご紹介します!
marichan21 | 500 view
【保存版】スケーラーの種類と使用部位、挿入角度のまとめ【関連動画あり】

【保存版】スケーラーの種類と使用部位、挿入角度のまとめ【関連動画あり】

スケーリング(歯石取り)とは、歯や歯根の表面(根面)からプラーク(歯垢)や歯石を取り除くこと。今回はその基礎知識についてまとめました。ふとした瞬間に見返せる保存版まとめです。操作方法(使い方、やり方)を詳しく知りたい場合は関連動画をご覧ください。
shoudao94 | 746 view
みんなも同じ?歯科衛生士になって苦労したこと

みんなも同じ?歯科衛生士になって苦労したこと

なにかと苦労の多い歯科衛生士。そんな歯科衛生士のなやみを現役歯科衛生士がまとめました。
yuna | 230 view
レントゲン撮影は危険? 妊娠中の患者さんは大丈夫?

レントゲン撮影は危険? 妊娠中の患者さんは大丈夫?

最近ではほぼすべての歯科医院に完備されているレントゲン機器。 いくら微量とはいえ、放射線を用いる検査であることに変わりはありません。 それでは、患者さんをレントゲン撮影する際、患者さんの健康被害はあるのでしょうか? 特に妊娠中の患者さんはどうなのでしょうか? 今回は、歯科衛生士と密接にかかわるレントゲンについて、その人体への影響をご紹介します。
saaa21 | 10 view

この記事のキュレーター

まみん まみん