歯科衛生士の休憩時間、何してる?

歯科衛生士の休憩時間の過ごし方は、実に様々です。休憩時間がしっかりとれず、悩んでいる歯科衛生士さんもいるのではないでしょうか。 今回は、歯科衛生士の休憩時間事情についてまとめてみました。

2018年9月10日 更新
184 view
こんにちは。歯科衛生士のyunaです。
皆さんの職場にも“休憩時間”と呼ばれる時間が存在しますよね?しかし一口に休憩時間と言っても職場やその人によって過ごし方は様々です。今回は歯科衛生士がどう休憩時間を過ごしているのかまとめてみました。

みんな、そもそも休憩とれてる?

 (1201)

「さあ、12時半になったから休憩だ!!」…といった歯科医院はあまり多くないのではないでしょうか?アポイントの入り方や、治療が長引いてしまったなどの理由で診療が長引いてしまうことはよくあることのように感じます。

しかも、長引いた分休憩を延ばせるかというとそうでもないのが現状ですよね。おそらく、午後の診療開始の時間は決まっていると思います。更に、訪問診療を行っている医院や新人教育を昼休憩の時間に実践する医院もあるでしょう。

そうなると、休憩時間とは名ばかりで実際は働いている…という歯科衛生士さんが沢山いるはずです。「ゆっくりできるスタッフルーム完備!!」…そこで誰がいつ休むの?「午後はゆとりの15時診療開始!!」…ってお昼休憩の間に訪問診療に同行するのね。…もっとしっかり、休憩したいですよね。心中お察しいたします。

また、休憩時間は十分にあってもいわゆる“拘束時間”が長い場合もあります。休憩時間に外に出たくても出られない、なんてこともよくあるのではないでしょうか?こうなると、逆に休憩時間を持て余してしまいますよね。皆さんは一体どう過ごしているのでしょうか?

休憩時間の過ごし方① とにかく自分だけの時間!

 (1202)

私は、職場と家がそう離れていないため休憩時間はまず家に帰ります。この時間にある程度家事を済ませておかないと、息子を保育園に迎えに行った後が地獄なのです。また、普段行けない銀行や郵便局、役所などでの用事をこなす人も私の職場内には割といます。

職場に既婚者や子持ちの歯科衛生士が多いと、こんな風に自分の時間として有効に時間を使うスタッフが増えてくる傾向にあるのではないでしょうか。家事、育児と仕事を両立させるためにこの数時間の休憩時間はなくてはならない時間なのです。

ただ、休憩時間中の電話番であったり、そもそも外出自体を禁止されている医院もあるので、この辺りは先輩や院長によく確認をしておかないとトラブルになる可能性もあるのでお気をつけくださいね。

休憩時間の過ごし方② 午後診療の準備で精一杯

 (1203)

午後診療の始まる大体30分~1時間前には診療の準備に取り掛かる医院も多いのではないでしょうか?一口に診療の準備と言っても院内の掃除や器具の準備をこなしていると意外と時間がかかるものですよね。

また、スムーズに診療を始めるためにも午前中に残った仕事を置いたままにしておくわけにはいきません。カルテの記入等は午後診療が始まる前に終わらせておくという医院が多数でしょう。

そうこうしているうちに「あれ?もう休憩時間終わり…?」となるわけですが、こなしておかないと後々自分の首を絞めることになってしまうので、後回しにすることも出来ず…非常に難しい問題です。

診療時間内にこの時間を取ることが出来れば良いのですが、診療中は患者さん第一!!だと思うので、おざなりにするわけにはもちろんいきません。患者さんと真摯に向き合うなら多少の犠牲も覚悟せねば…ということなのでしょうか。

休憩時間の過ごし方③ 職場の社交の場??

院の考え方にもよりますが、割と歯科衛生士は職場に数名いても個々で動いていることが多いように思います。忙しいと仕事中に話す機会もなかなかなかったり…。ではそんな時いつコミュニケーションを取るのでしょうか。

一番会話がしやすいのは、やはり休憩時間内ではないでしょうか。お昼ご飯をみんなで食べながら午前中に院内で起こった出来事を話し、患者さんやスタッフが準備したお菓子を分ける。こういった和気あいあいとした光景をよく見かけます。

オンとオフをきちんと分け、スタッフ同士が親睦を図るためにとっても大切な時間だと私は思います。この休憩時間の間にスタッフ同士がお互いを知ることでまとまりのある医院ができるのではないでしょうか。

また、午前中にどんなことがあったかを共有することで良いことはスタッフみんなが真似できますし、ヒヤリハット事例などであれば全員で再発を防ぐために考えることができるはずです。医院が良い方向へ向かうにあたって欠かせない時間なのです。

まとめ

今回は休憩時間についてまとめてみました。たかが休憩時間、されど休憩時間。医院のカラーもあるのでなかなか思い通りに過ごせない人も多いかもしれませんが、皆さんが有意義な時間を過ごせるよう少しでも参考になると幸いです。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ポイント解説】インレーセットまでの術式の流れ

【ポイント解説】インレーセットまでの術式の流れ

補綴物の調整でゴールがわからずやみくもに削っていませんか? 調整のゴールを知っておけば、無駄な作業も減りますし患者さんの負担も減ります。 知っておきたい調整のゴール、さらにコツをご紹介します!
saaa21 | 68 view
インプラントコーディネーターとは

インプラントコーディネーターとは

歯科治療としてしっかり地位を築いているインプラント治療。しかし自費治療ゆえに患者さんは「もっとしっかりじっくり相談をして治療を始めたい」「治療後も分からないことだらけなので話を聞いてほしい」…そんなお悩みに寄り添う“インプラントコーディネーター”とは?まとめてみました。
yuna | 34 view
日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

歯列矯正と聞くと小児が中心のイメージですが、最近は成人になってから矯正を検討する人も少なくありません。日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とはどのような資格なのでしょうか?気になる点をまとめてみました。
yuna | 22 view
日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

ただ痛い所を治すだけの治療よりも、より美しく治療をしてほしいという患者さんが随分増えてきました。そんな現代で重宝されるであろう“日本歯科審美学会歯科衛生認定士”。一体どのような資格なのかまとめてみました。
yuna | 18 view
レントゲン撮影は危険? 妊娠中の患者さんは大丈夫?

レントゲン撮影は危険? 妊娠中の患者さんは大丈夫?

最近ではほぼすべての歯科医院に完備されているレントゲン機器。 いくら微量とはいえ、放射線を用いる検査であることに変わりはありません。 それでは、患者さんをレントゲン撮影する際、患者さんの健康被害はあるのでしょうか? 特に妊娠中の患者さんはどうなのでしょうか? 今回は、歯科衛生士と密接にかかわるレントゲンについて、その人体への影響をご紹介します。
saaa21 | 29 view

この記事のキュレーター

yuna yuna