歯周病認定歯科衛生士とは?

歯周病認定歯科衛生士は特定非営利活動法人日本歯周病学会の制度の一つです。歯周病学の発展や向上とともに患者さんの口腔保健の増進や歯周病の予防を目的としています。2005年から整備され、認定歯科衛生士の中でもっとも取得するのが難しいとされている歯周病認定歯科衛生士制度について、詳しくご紹介します。

2018年7月13日 更新
76 view
歯周病認定歯科衛生士は特定非営利活動法人日本歯周病学会の制度の一つです。歯周病学の発展や向上とともに患者さんの口腔保健の増進や歯周病の予防を目的としています。

2005年から整備され、認定歯科衛生士の中でもっとも取得するのが難しいとされている歯周病認定歯科衛生士制度について、詳しくご紹介します。

認定学会は?

歯周病認定歯科衛生士は特定非営利活動法人日本歯周病学会が学会として認定しています。

どのように取得するの?

歯周病認定歯科衛生士は認定歯科衛生士の中でもっとも取得しにくいと言われています。その理由が「症例の提出」が必要なことです。

症例提出は初診からメインテナンスまで担当した患者さんのデータを提出します。あまりに急いで症例提出をするとメインテナンスの期間が不十分、炎症改善が見られない、チャートの不足などの理由で審査が通らないこともあります。また初診からメインテナンス期間まで続けるには時間がかかるので注意が必要です。
他にも、通算5年以上の歯周病治療に従事するという条件もありますがそれは同一歯科医院へ勤続していればクリアできることがほとんどです
また、症例提出の他に、日本歯周病学会の認定する研修への参加が求められるなど、とにかく厳しい条件が課される資格です。

メリットは?

 (954)

日本人の歯が喪失する原因の8割が歯周病です。
また、成人の8割が歯周病に罹患しているとも言われています。今後の歯科医院でも歯周病に対する治療を日常的に行っていくのは必須です。そこで歯周病認定歯科衛生士を取得していれば患者さんに対する治療効果の証明にもなり信頼度が強くなります。

取得人数は?

 (955)

2005年の認定歯科衛生士制度施行から取得人数は増え続けています。歯周病認定歯科衛生士取得の条件にある「教育研修単位の取得」と「2回以上の日本歯周病学会学術大会への出席」はクリアすることが難しいとのことで、2005年では学術大会への参加回数は1回に緩和されました。

ほぼ毎年90%以上の合格率を誇っています。知歯周病治療の需要からか取得人数は年々増え、平成28年12月31日現在で1047名が認定歯科衛生士を取得しています。

歯周病治療と歯科衛生士の関係

 (956)

歯周病治療に歯科衛生士の存在は必要不可欠です。

どうしても歯科医師だけではメインテナンス中のSRP、TBIが満足に行えないからです。そんな中で歯周病に対する知識や経験がある歯科衛生士は、普通の歯科衛生士に比べて歯周病治療の強い味方となります。

同僚歯科衛生士にも歯周病治療の指導やアドバイスを行えるので、充実感ややりがいのある仕事につながるのではないでしょうか。

おわりに

16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

簡単にスキルアップする方法とは?

簡単にスキルアップする方法とは?

スキルアップはしたいけれど、何をすればいいかわからない。時間や体力的に難しい。そもそも基礎知識に自信がないなど、歯科衛生士がスキルアップに関して抱える悩みは様々です。今回はそんなスキルアップの方法についてご紹介します。
yuna | 398 view
【保存版】スケーラーの種類と使用部位、挿入角度のまとめ【関連動画あり】

【保存版】スケーラーの種類と使用部位、挿入角度のまとめ【関連動画あり】

スケーリング(歯石取り)とは、歯や歯根の表面(根面)からプラーク(歯垢)や歯石を取り除くこと。今回はその基礎知識についてまとめました。ふとした瞬間に見返せる保存版まとめです。操作方法(使い方、やり方)を詳しく知りたい場合は関連動画をご覧ください。
shoudao94 | 746 view
こんな医院は辞めていい!職場環境チェックリスト

こんな医院は辞めていい!職場環境チェックリスト

離職率が高い歯科業界。あなたの勤める医院の職場環境は正常ですか?DH LIFEでは、あなたが転職を考えるべきかどうかを判断する「チェックリスト」をご紹介します!
marichan21 | 500 view
歯科衛生士向けのセミナーとは?行かなくても良い?

歯科衛生士向けのセミナーとは?行かなくても良い?

スキルアップをするための一つの手段、セミナー参加。歯科衛生士向けのセミナーってどんなもの?気を付けることはあるの?疑問点をまとめました。
yuna | 29 view
印象採得の上達は矯正歯科が近道!?ポイントを教えます

印象採得の上達は矯正歯科が近道!?ポイントを教えます

印象採得、それは歯科衛生士が一番苦戦する作業なのではないでしょうか。 矯正歯科に勤める歯科衛生士は、頻繁に印象採得が行うので、驚くほど上達します。 今回は現役歯科衛生士が、矯正歯科での印象採得についてお話します。
おぬまさら | 75 view

この記事のキュレーター

きりけん きりけん