結婚したい歯科衛生士が気を付けるべきポイントまとめ

歯科医院は女の園。その中で「結婚」に関する話題が上ることもあるのではないでしょうか?歯科衛生士はどうすれば結婚できる?歯科衛生士が結婚するとどうなるの?などの疑問について、実際に結婚を経験した衛生士がお答えします。

2018年7月11日 更新
55 view
こんにちは。歯科衛生士のyunaです。
歯科医院は女の園。その中で「結婚」に関する話題が上ることもあるのではないでしょうか?歯科衛生士が結婚するとどうなるの?

今回はそんなお話を少しだけさせてください。

歯科衛生士は結婚できない?なぜ?

 (794)

私がまだ歯科衛生士養成校の学生だった頃、同級生に男性が一人だけいました。たった一人です。実際社会に出てから私は男性の歯科衛生士さんには残念ながら巡り合えていません。そう、歯科医院は男性より女性の方がどうしても比率が高くなってしまう職場なのです。

となるとなかなか職場での縁がない…じゃあ外に出会いを求めればいい!!のですが、歯科衛生士は拘束時間の長いお仕事です。正社員で頑張って働いている人はお仕事の終わりが20時、21時を過ぎることも多いでしょう。次の日の仕事も考慮するとそこから何かしらの活動を…というのはあまり現実的ではないですよね。

歯科衛生士になりたての頃は業務終了後に技術向上のため居残りなどもしていた私。結婚を意識しながら当時お付き合いをしていた恋人ともすれ違いが原因で破局。「でもいつかは私も結婚したい…」、私はその願いを完全に断ち切ることが出来なかったのです。

歯科衛生士の出会いはどこにある?

 (804)

あくまで私の場合ですが、今の主人との出会いは…実は小学校・中学校の同級生でした。ずっと仲が良かったというわけではありません。共通の友人が引き合わせてくれたことがきっかけです。また、その当時彼は夜勤のある仕事をしており“時間がない”という点はお互い様だったため責め合うこともなくお付き合いを継続できたのです。

この仕事をしていて、なおかつこのタイミングだったからこそ結婚まで話が進みましたが私のように幼いころから知っている人物と結婚をするケースはそこまで多くないのではないかと思います。ではどうやって出会おうか…?

私の知人からは

・友人の紹介
・趣味の場で意気投合
・同じ院内の先生や歯科技工士さんと
・患者さんと


などの出会い方を比較的よく聞きます。

特に職場恋愛は、一緒に過ごす時間も長いため色々と育まれていくのでしょう。「今日は○○さんが診察に来るので頑張ろう!」というのもとても楽しそうですよね♪

実際、知人たちはその類の話をしてくれる時、とっても楽しそうに話をしてくれたことを今でもよく覚えています。同時に「院内でそんな人に出会えるなんて羨ましいなぁ…」ともよく思ったものです。

結婚したら、「まず報告」

 (805)

結婚が決まった時、まず一番最初に考えたことは

「職場の人にはいつ伝えようか」

ということでした。さすがに入籍後の事後報告はないな、そうなると一体誰からお伝えすれば良いのやら。
私は、仲の良いスタッフに一番に伝えたかったのを堪え、真っ先に直属の先輩と院長に伝えました。

このお二方に関しては他の人伝いに耳に入ると非常に事がややこしくなるのが予想されるので早めの報告が吉です、本当に。
そして、この人達が聞きたいのは「結婚します♪」という幸せ話ではなく「今後どうするの?」ということです。結婚を機に退職するのか続けるのか、勤務体系はどうしていくのか等…。

なので、この辺りは婚約者とよく相談をしてある程度話がまとまってから報告をすることをおすすめします。
結婚相手の扶養家族として生活していく場合、正社員での勤務はほぼ不可能なのでパートタイマーとしての勤務に切り替える相談等もしなければいけません。
お相手が転勤族であればそのことも職場には報告すべきでしょう。

結婚はとっても幸せでおめでたいことですが、そのオーラを前面に出してしまうと女性が多い職場では良い顔をされないことも多い のであくまで淡々と報告するのが良いかと思います。もちろん、気心知れた仲の良いスタッフとはプライベートで大いに盛り上がってくださいね。

家庭優先? 仕事優先?

 (806)

独身だった頃、仕事がそれなりに好きだった私は早朝出勤だろうと帰りが遅くなろうと全く気にも留めていませんでした。しかし、結婚して気付いたことがあったのです。家庭のこと、主人のことをこなそうと思うと歯科医院の拘束時間はあまりにも長い…!!帰宅時間が同じくらい、もしくは主人の方が早い日もありました。

当然晩御飯なんて着手すらしていませんし、洗濯や掃除はいつしよう?の毎日だったため、私は正社員ではなくパートタイマーとして働く道を選びました。この辺りは、何を優先するかによって選択が大きく変わると思うのでお相手とこまめにお話しをしてくださいね。話をしないとすれ違いの原因にもなります。

正社員としてガッツリ働くのはまだまだ先のことなのだろうなぁと思いつつ、私は今もパートタイマーとして歯科衛生士を続けています。なんだかんだ言って、やはり“歯科衛生士の仕事が好き”なのでしょうね。

おわりに

結婚後、同じようには働きにくいというのが現状ではあります。が、全く働けないというわけではないのです。

働き方は変わるかもしれませんが、歯科衛生士として輝くチャンスは結婚後にも必ずあるので結婚に対して決して後ろ向きにはならないでくださいね。

私は、今とっても楽しく働いていますよ!!
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ポイント解説】インレーセットまでの術式の流れ

【ポイント解説】インレーセットまでの術式の流れ

補綴物の調整でゴールがわからずやみくもに削っていませんか? 調整のゴールを知っておけば、無駄な作業も減りますし患者さんの負担も減ります。 知っておきたい調整のゴール、さらにコツをご紹介します!
saaa21 | 68 view
インプラントコーディネーターとは

インプラントコーディネーターとは

歯科治療としてしっかり地位を築いているインプラント治療。しかし自費治療ゆえに患者さんは「もっとしっかりじっくり相談をして治療を始めたい」「治療後も分からないことだらけなので話を聞いてほしい」…そんなお悩みに寄り添う“インプラントコーディネーター”とは?まとめてみました。
yuna | 34 view
日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とは

歯列矯正と聞くと小児が中心のイメージですが、最近は成人になってから矯正を検討する人も少なくありません。日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士とはどのような資格なのでしょうか?気になる点をまとめてみました。
yuna | 22 view
日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

日本歯科審美学会歯科衛生認定士とは

ただ痛い所を治すだけの治療よりも、より美しく治療をしてほしいという患者さんが随分増えてきました。そんな現代で重宝されるであろう“日本歯科審美学会歯科衛生認定士”。一体どのような資格なのかまとめてみました。
yuna | 18 view
レントゲン撮影は危険? 妊娠中の患者さんは大丈夫?

レントゲン撮影は危険? 妊娠中の患者さんは大丈夫?

最近ではほぼすべての歯科医院に完備されているレントゲン機器。 いくら微量とはいえ、放射線を用いる検査であることに変わりはありません。 それでは、患者さんをレントゲン撮影する際、患者さんの健康被害はあるのでしょうか? 特に妊娠中の患者さんはどうなのでしょうか? 今回は、歯科衛生士と密接にかかわるレントゲンについて、その人体への影響をご紹介します。
saaa21 | 29 view

この記事のキュレーター

yuna yuna